誰でもわかる!ふるさと納税の限度額の詳細な計算方法を教えます!

多くの人たちが知っているふるさと納税ですが、以前こちらの記事でも詳しくふるさと納税について紹介させてもらいました。ふるさと納税の基礎知識とメリットについては整理できたと思います。

ごはんつぶ
うん!その記事で、「ふるさと納税」とは2000円の手数料で豪華な品物がもらえるお得な制度だと理解できたよ。

そうだね。「ふるさと納税」という制度は2000円の手数料でそれ以上の価値のある返礼品を各自治体から受け取る事が出来るという制度であると言えますよね。だけど、ふるさと納税で寄付を出来る金額の上限額は人それぞれ収入によって違います。この上限額の計算を間違えてしまうと結果的に2000円以上の手数料が発生してしまうケースがあるので気をつけましょうね。

そこで、ふるさと納税の限度額の詳細な計算方法を理解できるようになりましょう。いつの年収で限度額が決まるのか?住宅ローンやってるけどふるさと納税使える?みたいな詳細なところまで、小学生でも理解できるように難しい計算式は極力使わずに紹介しますね!

◆詳細な上限額を理解するために、ふるさと納税の基本情報を整理

自分でふるさと納税の限度額を理解するために、まずはふるさと納税の仕組みから理解していきましょう。

ふるさと納税は税金が安くなって2,000円で特産品もらえる仕組み

仕組みを理解するという意図で、誤解を恐れずに言えば「税金が安くなってしかも2,000円の手数料で特産品までもらえちゃう仕組み」という事です。好きな自治体にお金を寄付して、2,000円の手数料は引かれて残りの金額が自分の税金から差し引かれます。さらに寄付した自治体からはお礼の品がもらえるという、何とも美味しい制度です。

・ふるさと納税は寄付行為!

ごはんつぶ
ふるさと納税って「納税」と名付けられているから、てっきり税金を納める行為かと思ったけど寄付なんだね。

そうそう、納税ではなくて「好きな地方自治体を選んで寄付する行為」がふるさと納税です。その特典として2000円の手数料を抜いた残りの金額を住民税や所得税から差し引いてくれるのわけですね。しかも自治体側も寄付してくれたお礼の品として自分たちの特産品などでお返しするわけです。

・2,000円以上の返礼品をくれる自治体を選ぶのがふるさと納税で得する第一歩

ごはんつぶ
じゃあ2000円以上の返礼品をくれる自治体に寄付をすると元が取れて得になるってことなんだね。

そうですね。その点に、ふるさと納税の人気の秘密があるんですよね。それでは、ふるさと納税という寄付行為でどんな税金が安くなるのか見ておきましょう。

ふるさと納税で所得税や住民税が安くなる

ふるさと納税をすることで、寄付した金額から手数料を引いた2000円が所得税や住民税から安くなるんです。例えば私がお肉がめちゃくちゃ好きで、この大阪府泉佐野市へふるさと納税します。寄付金額は1万円です。すると、2000円を差し引いた8000円分が私の所得税と住民税から引かれるんです。2000円で2.5キロの国産牛肉が手に入ってしまうのと同じなんですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

B600 【ふるさと納税】国産牛小間切落し2.5kg(500gx5p)
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/5/31時点)

所得税と住民税

▼所得税:その人の年間の所得にかかる税金。サラリーマンや会社経営者は毎月の給与・役員報酬から差し引かれているし、個人事業主は確定申告で所得税を納める。

▼住民税:住んでいる市区町村に払う税金だから住民税。去年1月から12月の収入に対して、翌年6月ぐらいまでに住民税の額が決定。そこから一年かけて分割で支払うため、住民税はいつの年収に紐づくの?という問いについては、去年のものです。という答えになる。

◆ふるさと納税の上限額の詳細な計算に必要な基礎知識

それでは本題のふるさと納税で寄付できる上限額を詳細な計算方法で考えてみましょう。ここでは、ふるさと納税の上限額を計算するために、そもそも「寄付金額ー2000円」がどんな計算式によって、計算されているのか、を見ていくことにしましょう!ちょっと難しいですけど、頑張って読んで下さい。

ふるさと納税の控除額の詳細な計算方法

上限額の計算の前に、ふるさと納税の控除額である「寄付金額ー2000円」が所得税と住民税から控除される詳細な内訳について一緒に計算していきますね。

控除とは
控除とは「差し引く」という意味です。所得税から〇〇円控除すると言えば、所得税から〇〇円差し引きますよという意味なので覚えておいて下さいね。

・ふるさと納税の控除は所得税・住民税の基本分・住民税の特例分の三種類

ごはんつぶ
ちょちょちょ!今どこの話をしているのか、わからなくなっちゃった!

確かに、ここで迷子になるとこの後の説明がわからなくなってしまうので、ゆっくりと説明していきましょう。今は、ふるさと納税できる上限額ではなくて、ふるさと納税をすると金額としてどれぐらいの金額が所得税と住民税から安くなるのか?といお話をしています。

ごはんつぶ
さっきの「ふるさと納税としての寄付金額ー2,000円」が所得税・住民税から差し引かれるってやつの内訳ってことだね。

そうです。その所得税から控除できる金額、住民税から控除できる金額(基本分と特例分)を合計すると寄付した金額から2,000円を引いた金額になるので、その内訳を理解するのが、ふるさと納税の上限を詳細に計算する上で大切になるわけです。

ごはんつぶ
オーケー!やっと追いついた(笑)さっそく詳細を教えて!

そうですね。まずは、控除できる金額は(1)所得税の分、(2)住民税の基本分、(3)住民税の特例分の三種類になります。何度も言いますが、これを合わせると「ふるさと納税の寄付金額ー2,000円」になります。

(1)所得税の分「(寄付金額ー2,000円)×所得税率」

所得税の分は、「(寄付金額ー2,000円)×所得税率」となります。所得税は累進課税となるから自分の所得金額から下の税率を適用してみて下さい。

例えば所得が300万円の人が2万円をふるさと納税として寄付をしたら「(2万円ー2,000円)×10%」だから1,800円が所得税から控除されるということなのです。

所得について
所得とは年収ではなくて、年収から給与所得控除の金額などを差し引いた金額のことです。 他に諸々の控除金額を差し引いて所得率をかける金額を課税所得と言います。
ごはんつぶ
でもサラリーマンとかで給与もらっている人は毎月給与から所得税天引きされているよね?

そうなんです。だから所得税は控除されるというよりも、すでに天引きされている所得税が「還付される(戻ってくる)」という方が正しい表現ですね。

次に住民税の部分について見ていきましょう。

(2)住民税の基本の分「(寄付金額ー2,000円)×10%」

住民税の基本の分は、「(寄付金額ー2,000円)×10%」になります。住民税は基本的に10%で計算するわけですね。すると2万円を寄付していたら、「(2万円ー2,000円)×10%」なので1,800円を住民税から安くしてくれるというわけです。

(3)住民税の特例の分「(寄付金額ー2,000円)×(100%-住民税率10%-所得税率10%)」

住民税の特例分を見ていきましょう。特例というのは、ふるさと納税ならではの特別ルールだと捉えて下さい。この住民税の特例の分の計算方法は「(寄付金額ー2,000円)×(100%-住民税率10%-所得税率10%)」となります。

ごはんつぶ
この(3)で意味がわからなすぎて頭爆発しそう。

確かに計算が苦手だと計算式がこうして出てくるだけで拒絶反応が出てきますよね。納得するために考えるのであれば、ゴールから逆算していくと良いかもしれないですね。ゴールは「寄付金額から手数料2,000円を引いた金額が所得税や住民税から安くなる」という事です。具体例を出すなら2万円をふるさと納税として寄付した人なら2,000円を差し引いた1万8,000円を所得税や住民税から安くしたいわけです。

ごはんつぶ
ふむふむ、これなら理解できそう。

まずは(1)で所得税からどれぐらい安くなるのか計算しています。2万円を寄付金額で考えて、所得税率が10%の人であれば1,800円でした。次に(2)で住民税がどれだけ安くなるかというと同じく寄付金から2,000円差し引いてから住民税率10%ですのでこれも1,800円ですね。所得税1,800円、住民税1,800円でもゴールの1万8,000円までまだ足りません。そこで(3)の計算式が登場するわけです。

ごはんつぶ
なるほど!1万8,000円のゴールにつじつまを合わせるために(3)の計算式があるわけだ。

計算が苦手な人は、そのような納得の仕方で良いと思います。2万円の寄付金で考えるのであれば、2,000円を差し引いた1万8,000円に対して、100%から所得税率10%と住民税率10%を引いた80%をかけてみます。

ごはんつぶ
あ!1万8,000円に80%かけると14,400円で先の(1)で計算した1,800円と(2)で計算した1800円を合計すると1万8,000円になってゴールの1万8,000円とつじつまが合った!

そうなんです。普通に考えれば寄付金額から2,000円引いた金額が税金として安くなる金額という意味の裏側には、こんな複雑で面倒な計算式があるんですね。それでは本題の上限額の詳細な計算方法について見ていきましょう。

◆ふるさと納税の上限額の詳細な計算方法

それでは本題のふるさと納税の上限額について考えます。ここで、上で説明した(1)所得税、(2)住民税の基本の分、(3)住民税の特例の分という三つに分けた考え方が重要になってきます。

上限額を決定する基本的なルール

簡単に言ってしまえば、上限額は(1)(2)(3)それぞれで設定されています。(1)の所得税では総所得の40%が上限、(2)の住民税の基本文では所得額の30%が上限、(3)の住民税の特例分では個人住民税所得割額の20%になるわけです。この(1)(2)(3)の数字の中で一番小さな数字が、ふるさと納税で寄付できる最低金額となるわけなんです。

・所得とは何か?

ごはんつぶ
何を言っているのか全くわかりません。宇宙言語ですか?

確かに・・・じゃあ一つ一つ確認していきましょう。まず所得金額というのは、総所得の事でお給料をもらっている人は下の図が大切です。サラリーマンや会社員であれば、給与の合計から右側の所得控除の金額を引いたら所得が出てきます。

計算式にするとこんな感じですね。→【所得=総給与ー給与所得控除額】

年収500万円の人であれば所得控除金額は上の式に当てはめると154万円で、所得金額としては346万円になるわけです。一番手っ取り早いのは毎年会社から源泉徴収票をもらうはずですが、そこに「所得控除後の額の合計額」という欄があるのでその数字が所得金額となります。

・個人事業主の所得とは何か?

ごはんつぶ
なるほどー!年収と所得は全然違うんだー!じゃあ個人事業主はどうなるの?

個人事業主も基本的な考え方は同じだけど、サラリーマンのように上の表のような給与所得控除は無いから、「収入ー経費=所得」とするのが基本ですね。そこから、各種控除を差し引いて所得税率をかけて所得税を計算するというのが確定申告の流れなんです。

・個人事業主なら日々の売上・経費の集計は大切

個人事業主で一番面倒臭い作業が日々の売上や経費を記帳していく事です。会計freeeであれば、ネットバンキングとつながればお金の出入りを自動的に処理してくれます。現金でやりとりした内容でも、レシートを写真に撮れば自動的に処理してくれるからラクチンです。こうした日々の処理を簡単に丁寧に行い、ふるさと納税の限度額を把握するための所得を明確にしておきましょう。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

ふるさと納税の上限の詳細な計算方法

所得について理解が出来たら、改めて本題に戻るけど、ふるさと納税の寄付金額の上限としては(1)所得税額は所得の40%ですから、年収500万円の人であれば所得が280万円として112万円が上限額。(2)の住民税の基本分については所得の30%ですから、84万円が上限額。そうすると(3)の個人住民税所得割の20%というのがわかりにくいかもしれません。

ごはんつぶ
確かにこの個人住民税所得割と言われてもチンプンカンプンだよ

・個人住民税所得割とは何か?

確かに聞きなれない言葉だから混乱するかもしれませんね。皆さんの納めている住民税には二種類ありまして、均等割と所得割というものがあります。均等割というのは全員に一律で同じ額が発生するのに対して、所得割というのは個々人の所得に応じて変動する住民税です。だいたいが10%です。

自分で計算するのは複雑ですので、毎年お住まいの自治体から送られてくる「住民税決定通知書」に均等割と所得割が載っているのでその金額を参考にするといいでしょう。

ごはんつぶ
じゃあ、この住民税の所得割の金額の20%が所得税の限度額になると考えておけば大体オーケーなんだね。

そうだね。(1)(2)では総所得の40%だったり30%が上限の一つと紹介したけど、(3)の住民税の所得割の20%が三種類の内で一番小さな数字になりがちです。そのため、(3)の数字がふるさと納税の限度額になる事が多いという点を知っておいて下さい。

これを詳細な計算式にすると【(個人住民税所得割額×20%)÷(100%-基本分10%-所得税率×復興税率1.021)+自己負担2,000円】となり、この金額がふるさと納税の限度額となるわけですね。

ふるさと納税の上限額がわかったら実際にふるさと納税を試してみよう!

これで上限額が把握できるようになったと思うけど、まずは自分の興味ある返礼品からふるさと納税を試してみると良いと思います。全国的に有名なポータルサイトから、「え!?こんなのも返礼品であるの?」みたいなふるさと納税まであるので、良かったらご覧ください。

・ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」

日本で一番利用されているふるさと納税ポータルサイトで、認知度・利用率はNO.1の調査結果も出ています。ご当地の食材を始め何でもそろうのが魅力的で、サラリーマンや会社員にとって上限額がどれぐらいになるのか自動シミュレーションが出来るのも魅力的です。

ウェブでふるさと納税(受付中)

・有名ブランドがもらえるふるさと納税サイト「noma-style」

ふるさと納税で面白いサイトが「noma-style」です。ジェラートピケやアディダスなど有名ブランドを取り揃えているサイトです。ふるさと納税で税金対策・節税ができてブランド品ももらえるなんて、一石二鳥ですよね。

ブランドが貰えるふるさと納税ノーマスタイル

ちなみにこちらの会社は、ファッションに特化したふるさと納税サイトのエフスタイルも運営しています。

ファッションから支援・ふるさと納税エフスタイル

◆上限額を計算してふるさと納税する時の注意点

最後に、ふるさと納税の上限額を計算して、いざふるさと納税するぞ!となった時に注意しておきたいポイントをまとめておきたいと思います。

住宅ローン減税(住宅ローン控除)と併用する時は要注意

・住宅ローン減税(住宅ローン控除)とは?

ふるさと納税を考える人は、おそらく所得税や住民税をなるべく減らしたい人たちかと思います。そんな中で所得税・住民税を減らすにあたり大きなインパクトがあるのが住宅ローン控除です。簡単に言えば、家を買うためにローンを組んだら税金が安くなる制度です。住宅ローンを使った税金対策の詳細はこちらの記事で確認をお願いします。

・ふるさと納税と住宅ローン減税(住宅ローン控除)は併用OK

ふるさと納税で税金を安くして、さらに住宅ローン控除によって税金を抑える事は大丈夫です。ただし、住宅ローン控除を行って、所得税や住民税を大きく抑える事ができた場合は、ふるさと納税をしてまで抑えるべき税金がないかもしれないですよね。その点については、しっかりとシミュレーションを組んでふるさと納税すべきかどうかを検討して下さい。私の友人は、ずっとふるさと納税をしていたけど、住宅ローン控除を使うようになって、ふるさと納税をやめたと言っていました。

ふるさと納税の控除可能金額の上限額を超えたらどうなるの

ふるさと納税できる金額には上限額があると伝えましたら、その上限額を超えたらどうなるのでしょうか。結論、超えたとしても寄付自体は可能です。ただし、税金を控除する計算では、寄付金額ー2000円が控除される基準でした。つまり2000円の手数料で返礼品が受け取れるイメージでした。これが上限額を超えた場合は、2000円に超えた分の金額を上乗せされるイメージです。上限から5000円超えて寄付したなら2000円+5000円で合計7000円の手数料で返礼品を受け取っているという感じですね。だからこそ、上限額を詳細に計算して、抑えめの金額でのふるさと納税が王道です。

ワンストップ特例制度を使っても確定申告するなら寄付金控除忘れずに!

今はサラリーマンや会社員がふるさと納税を利用しやすいように、ワンストップ特例制度という確定申告をしなくても、ふるさと納税の寄付金控除が使える仕組みがあります。こちらの記事に詳しく書いています。確定申告しなくて良いといっても、中には医療費控除使うなど確定申告をしなくてはいけないサラリーマンや会社員もいると思います。その際は、ふるさと納税分の寄付金控除もちゃんと確定申告所に書かないといけないので、ワンストップ特例制度使ったからといって忘れないようにしましょう。

◆ふるさと納税の限度額の詳細な計算方法を教えます!のまとめ

いかがでしたでしょうか。ふるさと納税する限度額を計算するといっても、詳細を計算しようとすると非常に大きな手間がかかるのをわかってもらえたかと思います。ですので、普通は上限を計算しようとすると早見表などを使う事がほとんどです。総務省のサイトにも限度額の早見表が収入と家族の数でわかるようになっているので参考にしてみて下さい。

総務省のポータルサイト

ふるさと納税には他にもいくつか限度額に関する注意点があります。住宅ローン控除や医療費控除などの控除を活用している場合は、ふるさと納税で控除すべき税金がなくなってしまうかもしれないので要注意です。他にも収入が変わる場合や、家族構成が変わる場合なんかも上限額が変動しますので要注意です。

1、まずは少額の5000円でふるさと納税を始めたいと思ったら

今回、ふるさと納税で寄付できる上限額を解説しましたけど、初めてふるさと納税するような方がいきなり上限額ギリギリ攻めるのは少しギャンブル的な要素がありすぎますよね。まずは少額の5000円でも元を取れるふるさと納税もありますので、こちらの記事を参考にして下さい。

2、ワンストップ特例制度の詳細や書類の書き方について知りたいと思ったら

ふるさと納税は、皆んなが利用しやすくなるために、わざわざ確定申告をしなくても、税金が安くなる仕組みを作っています。それがワンストップ特例制度なんですが、使い方について解説した記事を作りましたので、こちらの記事をご覧下さい。

3、ふるさと納税以外にも自分で出来る税金対策のアイデアは・・・

もちろんふるさと納税も自分で出来る税金対策の手法としては良いのですが、他に何かあるのでしょうか。サラリーマンや会社員を対象として自分で出来る税金対策のアイデアをこちらの記事で整理しておきましたので、今後の参考にしてみて下さい。