副業で節税対策!サラリーマンだからこそ可能な得するパラレルキャリアの始め方

会社設立・独立・起業アドバイザーのごはんつぶです。これまで400件を超える会社設立や起業、さらには採用や社員教育・コーチングのお手伝いをしています。

最近流行っている副業・複業・パラレルキャリア、どれも似たような意味ですが人生100年時代を向かえ多様な働き方が当たり前になる時代が近いのかもしれません。

サラリーマンが副業をすることで節税になる可能性がある。今回はそんなお話をしたいと思います。

この記事でわかること

・サラリーマンが副業をして節税をする方法
・サラリーマンが個人事業主として副業をした方が節税最強説

◆サラリーマンは副業で節税するのが最強の組みわせ

副業で節税ってどういうこと?というわけでサラリーマンが副業をすることで、どうやって節税となるのか仕組みをみていきましょう。

(1)サラリーマン×個人事業主で節税対策

今回の記事では、副業として個人事業主をイメージしています。サラリーマンと二足のワラジで自分の事業を持っている感じですね。

・サラリーマンで支払っている税金(社会保険関係も含む)

サラリーマンの税金はお給料をもらう時に会社から天引きされています。これが所得税です。また、去年の収入に紐づいて住民税が発生していて、これもほとんどの会社で天引きされているはずです。そして最近は特に負担が重く感じる社会保険料です。もちろん普段買い物する時なんかは消費税も払っています。

サラリーマン単体として節税するアイデアはあるのか?

サラリーマンは一見すると会社から税金を天引きされていて節税のしようがないと思われがちです。そこでサラリーマンができる節税アイデアについて「サラリーマンで可能な税金対策10選」の記事をご覧ください。

・サラリーマンが副業で起業すれば使える経費の幅が広がる

ここでいう副業は個人事業主としてある程度収益が出ている前提でお話します。サラリーマンとして給与をもらいつつ、個人事業主で収入があるということは確定申告をしないといけません。もし副業で事業に紐づく経費を使っているのであればその一部を経費にすることができ、結果的に節税になるということです。

・事業で使っているお金は全部経費として計上していく

たとえば副業は賃貸の自宅で行なっていて部屋の一室を作業部屋として利用している場合。この部屋の面積の割合分の家賃を経費として考えることができます。他にもたとえば自動車を仕事でも使っている場合は、使っている分を按分して経費に入れることもできます。こうして副業をしていなければ全額出費になるようなものでも、事業に関係のあるものなら一部を経費にして節税対策ができるというわけです。

このような事業として副業を始めたら様々なお金の流れの管理をしないといけません。会計ソフトfreee(フリー)なら初心者でも安心の会計処理が可能です。

(2)やってはいけないサラリーマンの損益通算

よくサラリーマンが無理やり副業をして損益通算する節税方法が語られたりしますがあまりオススメはできません。実際に本来副業にもならないものを、副業として赤字垂れ流すことでサラリーマンとして納めた税金が戻ってくるスキームをコンサルしていた人が逮捕されたこともあるからです。

サラリーマンが複業を赤字にして還付金を手に入れる悪魔的節税

具体的に複業を赤字にして還付金もらって税金対策する方法はこちらの「会社員は複業が赤字でも確定申告する?税金対策をして還付金を受ける方法」の記事をご覧ください。

◆節税サラリーマンは個人事業主として副業をして社会保険料がおトク

前の項目でお話した通り、サラリーマンが副業をして節税する場合はプライベートで使っているお金から事業に直接関わっている経費を按分する。これが副業による第一の節税です。

次に節税ではないのですが、サラリーマンが副業をすることで圧倒的に効果が高いのが社会保険料に関してです。

(1)節税サラリーマンが個人事業主で副業をすると社会保険料がトクなの?

最近では税金よりも負担が大きいと感じる社会保険料ですが、サラリーマンと個人事業主を掛け合わせることによって節税以上の効果が期待できるかもしれません。

1、サラリーマンは会社の社会保険にみんな加入している

サラリーマンは会社勤めですから基本的には全員社会保険に強制加入です。社会保険は健康保険と厚生年金の二つを合わせて社会保険と言ったりします。この社会保険は収入金額によって増減します。

2、個人事業主「だけ」やっている人は国民健康保険に国民年金に加入

個人事業主だけやっている人は会社員ではないので社会保険に加入できません。社会保険に加入できない人は国民年金と国民健康保険に入ります。ちなみに社会保険の厚生年金にはこく味年金のお金も含まれています。つまりずっと国民年金払い続ける人よりも、厚生年金を払い続けた方が将来受け取れる年金の額は充実しています。

3、サラリーマンが個人事業主として副業する場合は社会保険が優先される

サラリーマンは社会保険(健康保険&厚生年金)、個人事業主は国民健康保険と国民年金。では副業しているサラリーマンは両方払うのでしょうか?でも先ほど厚生年金の中には国民年金が含まれているとお伝えしました。サラリーマンが厚生年金も払って、国民年金も払ったら二倍払ってしまうことになります。

この場合は社会保険の方が優先されるのでサラリーマンは個人事業主の部分の健康保険や国民年金を払わなくてよくなります。つまりサラリーマンとして年収500万円の人が、副業を個人事業主として500万円稼いでいる場合は本来合計収入1000万円に対する社会保険料がかかると思いきやサラリーマンとしての年収500万円にかかる社会保険料だけで済むわけです。

4、今後はマイナンバー制度などの流れで仕組みが変わるかもしれません

ただしこの仕組みってあくまで仕組みの抜け道みたいな部分をつついているだけですので、もしかしたら今後はマイナンバー制度などが整ってくると通用しなくなる可能性もゼロではありません。まだ通用するので今のところサラリーマンの副業が節税を考えるのであれば最強だと言える理由の一つになります。

(2)節税サラリーマンとして副業するのが最強説

サラリーマンが節税を考える時に副業が最強となるためにはいくつかの条件が必要です。

1、サラリーマンの副業としてちゃんと売上・収入が発生している

まずは副業としての節税にしても、社会保険料がおトクになる仕組みにしてもサラリーマンの副業の部分でしっかいと売上をあげておかないといけません。事業として通用しないレベルの収入だと事業所得ではなく一時所得や雑所得として判断され節税できない可能性だってあります。だからこそ、これからのサラリーマンは本業として仕事を完遂しつつ個人として市場から評価される能力を養いマネタイズしていく必要が出てくるのです。

2、本業での流れを組むか、趣味をマネタイズするか

副業にて節税をするには、大前提として副業として売上が発生していないといけません。それも一時的なものではなく、継続的な売上でないと事業所得として見なされるのは難しいと思います。

ではどんな副業でサラリーマンは収益を上げれば良いのでしょうか?色んな考え方があると思います。今はネットのおかげで比較的カンタンに売上を作ることもできるようになりました。初期投資なしでリスク少なく起業できる時代になったと言っても過言ではないと思います。

3、オススメは本業の流れをくんだ副業にて節税すること

オススメなのはサラリーマンとして働いている本業に関わることで副業を初めてみるのも良いかもしれません。今流行りのブログやアフィリエイトをするでも良いですし、個人でコンサルをするでも良いと思います。難しいことも多いと思いますが、個人の力でお金を産み出す体験はサラリーマンとて必須の体験のような気がします。

副業で本業に関わることを選ぶメリットは、本業にプラスαの影響があることです。同じ方向性の知識・能力・経験が必要になるわけですから一つ一つの経験が本業にも副業にもプラスの影響が働きあうわけです。

4、趣味を副業としてマネタイズするにはとことん突き詰める

私は「マツコの知らない世界」という番組が好きです。「激レアさんがやってきた」という番組も好きです。どれも素人が出演する番組ですが、何かに圧倒的に突き抜けた素人が出てきます。3歳の頃から電柱に魅了された男性とか、何でもかんでも胡椒をかけて食べる夫婦とか、突き抜けすぎて理解できないこともありますが趣味が副業になる可能性を物凄い感じる人たちです。

まずは自分のブログを作ってみるとか、ホームページを作成するなどできるところからスタートしてみてはいかがでしょうか。ペライチというサービスなら無料でカンタンにオシャレなHPを作ることが可能です。

◆「サラリーマンが副業で節税」まとめ

サラリーマンが副業をすることは今後ますます加速していくでしょう。副業をすることで節税に繋がることは犯罪行為やごまかしたり嘘をつくという行為以外はどんどんやっていくべきだとも思います。

いずれ副業で安定した収益が上がるようになれば、会社として組織でないとできない大きなことをする!とか自分のビジネスで起業・独立するとか、自由な選択が可能になるはずです。

特に節税に関しては個人事業主や法人に限らず基礎となるノウハウは税理士に頼らず自分でも情報収集をしたり、仕組みを知っておきましょう。おすすめなのが節税専門の税理士による絶対節税の裏技という情報です。

まとめ

・サラリーマンは副業をすることで普段支出しているお金の一部を経費できる可能性がある。
・サラリーマンは副業を個人事業主としてすることで社会保険料がおトクになる可能性がある。

<名言>
苦境に立たされると、人は腹をくくり、覚悟ができる。腹をくくるという行為は、長い人生の中で、一度きりのものではない。辛酸をなめると、そのたび、一つの覚悟ができる。その積み重ねが人間力をつくり、ぶれない経営者を育てるのだ。