【検索の極意】会社登記日や会社設立年月日・商号などを調べる方法

会社設立の準備を始めたときに「会社に関して検索するスキル」があると便利です。

たとえば「同じ住所に同じ会社がないかどうか調べたい」「謄本を取りにいきたいけど登記完了しているか知りたい」などがインターネット上で調べることができたら便利です。

今回は効率的に会社設立を進められるように「会社に関する情報をネットで検索する極意」をご紹介します。

この記事でわかること

・同じ住所に同じ商号が存在するかどうか検索して調べる方法
・設立した会社が登記完了しているかどうかを知る方法
・法人番号については「法人番号の検索の仕方」の記事をご覧ください

◆会社設立時に必要となる商号の検索方法

ごはんつぶ君
会社を設立する時に「同じ住所に同じ名前の会社を作ることはできません!」って聞いたことがあるんだよね。でもさ、どの住所にどんな会社があるかなんてわかるのかな?
先生
確かにその通り!会社の名前のことを商号と言ったりするんだよ。まずは同じ住所に同じ商号が存在するかどうかを検索して調べる方法を一緒にみていこう!

まず前提として抑えてほしいのが同じ住所に同じ商号の会社を設立することができない点です。会社設立時の商号のルールについて詳細を知りたい方は「会社設立時の商号の決め方!後悔しない会社名をつけるコツ」をご覧ください。

(1)登記情報提供サービスを利用して商号を検索

インターネット上で法人登記情報を閲覧できるサービスがこちらです。登記情報というのは、会社の戸籍謄本のようなものです。

登記情報提供サービスというサイトで商号を検索することができます。右上にあるログインのボタンから会員情報を入力すれば「商号+地域」を検索することができます。

会員登録するにはクレジットカード情報を入力しないといけません。同じ住所に同じ商号があるかどうか確認する程度であれば一時利用で十分です。

画面左側にある一時利用のボタンから必要最低限の情報を入力すれば仮のIDとパスワードが発行されますのでそちらでログイン可能です。

ログインすると、このような検索画面が出てくるので「商号・名称」の箇所に希望の商号(会社名)を入れて、設立する住所を指定します。

検索結果画面の一覧に何も出てこなければ同じ住所に同じ商号が無いということですので、安心してください。

検索結果画面にいくつか会社が表示されたとしても住所が全く一緒でなければ設立は大丈夫なのでよく検討するようにして下さい。ちなみに東京都港区のフジテレビで検索すると検索結果はこんなかんじです。

(2)国税庁法人番号公表サイトで商号を検索

国税庁が管理する「国税庁法人番号公表サイト」というものがあります。これか会社一つ一つにマイナンバーのようなかたちで番号が付与されているので、その番号を検索するためのサイトです。

この検索画面から商号や地域を絞って検索すれば存在する会社が住所と一緒にピックアップできるのです。

ちなみに「フジテレビ」という商号を地域の限定をせずに検索してみた結果がこちらです。

◆会社設立日と登記完了日の検索方法

ごはんつぶ君
商号の検索の仕方はわかったけど、次は会社設立日と登記完了日の検索の仕方ってあるのかなぁ?っていうか会社設立日と登記完了日の違いもよくわかんないや!
先生
会社設立日と登記完了日は全然違うので注意しましょうね!それじゃあ、まずは違いも含めてこの二つに日程を検索する方法も見ていきましょう!

会社設立日は登記申請書が届いた日を言います。法務局が受け取ってくれた日が会社設立日です。登記完了日は登記事項証明書(登記簿謄本)ができあがった日のことを言います。

「後悔しない会社設立日の決め方」の記事もあわせてご覧ください。

(1)会社設立日は設立書類が届いた日を確認

法務局に会社設立書類を受け取ってもらった日が会社設立日です。直接法務局に書類を渡した人はその日が会社設立日になるので明確です。

もし郵送で法務局に書類を送った人は届いた日を必ず確認しましょう。追跡サービスのついている送付方法を選ぶと良いと思います。代表的なものは以下でしょうか。

●日本郵便の追跡調査サービス
●クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム
●佐川急便のお荷物問い合わせサービス

到着確認ができれば、その日が会社設立日だと思って大丈夫でしょう。

他に会社設立日を確認する方法があるとしたら、直接管轄の法務局に確認をしても大丈夫です。電話で郵送で送った旨を伝えると書類が届いたかどうか確認できます。書類が届いた日が会社設立日になるわけです。

(2)登記完了日を確認する方法

会社設立日がわかると約一週間で登記事項証明書(登記簿謄本)を取得することができるようになります。この日を登記完了日と言うのです。

ここでは登記完了日を確認する方法について紹介します。

1、法務局で登記完了予定日を確認

会社設立日が明確になったら都道府県ごとの法務局HPから登記完了日を確認しましょう。

法務局トップページから大体右側のメニューに登記完了予定日の項目があるのでそこから確認することができます。

自分の管轄の法務局をクリックすると一覧が見れるようになります。法務局の繁忙期によって多少前後しますが会社設立日から約一週間後が登記完了日です。

先生
年末年始を挟んだ後とか、ゴールデンウィーク明け、会社設立が集中する4月なんかは登記完了日までが長くなる傾向があるので必ず確認するようにしてくださいね。

2、登記情報提供サービスで検索して登記完了を確認

もちろん登記完了予定日にほとんどが登記完了されます。多少の前後して少し早めに終わることもあるのですが、その場合は登記情報提供サービスを使うと良いでしょう。

商号を検索する方法で紹介しましたが、登記が完了するとこちらのサイトにも反映されます。そのためなるべく早く登記簿謄本が欲しい人は登記完了予定日の数日前から登記情報サービスで検索して自分の会社が載るかどうか見ると良いでしょう。

ちなみに、なるべく早めに登記事項証明書(登記簿謄本)を手に入れたい方は「最短1日!なるべく早く登記事項証明書を手に入れる方法」の記事をご覧ください。

3、国税庁法人番号公表サイト

国税庁の法人番号公表サイトもネット上で会社が存在するかどうか確認できます。登記が完了していれば反映されるので商号で検索をかけて登記完了しているかどうか確認してみましょう。地域でも一緒に絞りこみをかけるのがコツです。

◆会社の情報検索するスキル【まとめ】

会社設立前に身につけておくべき検索スキルを紹介しました。以下に詳細をまとめておきますね。

まとめ

・同じ住所に同じ商号の会社がないか検索するスキル
→登記情報提供サービスのサイトを利用
(法人番号公表サイトでも代用可能)

・会社設立日を検索するスキル&登記完了日を検索するスキル
→法務局のサイトから登記完了日を確認
→登記情報提供サービスから登記完了しているか確認
(法人番号公表サイトでも代用可能)