合同会社で業務執行権を定めない代表社員を置くことはできるのか?

法人の種類の一つである合同会社。これまでの記事の中で、その仕組みについては全体的なイメージを掴んで頂けたのではないかと思います。

今回は、合同会社を設立した時に、「業務執行権」について定めるところや、定めないところがあったり、代表社員について定めるところや、定めないところがあったり、若干混乱しそうな箇所があるので、その点についてみていければと思っています。

◆合同会社についておさらいしておきましょう。

・合同会社における社員とは?

まずは、おさらいです。合同会社は株式会社と違って、お金を出資した人の事を社員と呼びます。

普段、従業員という意味で社員という言葉を使いがちですが、従業員という意味の社員ではなく「お金を出資した人」という意味での社員ですので、注意して下さいね。株式会社でいうところの、発起人や株主と似たような意味でしょうか。

・合同会社における業務執行社員とは?

それでは、業務執行社員についておさらいです。合同会社では基本的にお金を出す人と、会社を経営する人は一緒という話をさせて頂きました。対比されるのが株式会社で、株式会社の場合は会社を経営する「取締役」と、お金を出資する「株主」は別々に分かれていて大丈夫なのでした。

合同会社の場合は会社を経営することを難しい言葉で業務執行権を持つなんて言ったりします。つまり、「お金を出資する=会社を経営する」となりますから、言い換えると「社員=業務執行権を持つ社員(業務執行社員)」となるわけですね。

基本ルールとして、「合同会社の場合はお金を出資した人の方を社員と呼び、社員は基本的に業務執行権を持つ業務執行社員となる」という点が、ここで抑えておいて頂きたいポイントになります。

◆業務執行権を定めない社員は存在するのか?

sadamenai

先ほど、株式会社と合同会社の対比で、取締役と株主を分けて考えることが出来るのが、株式会社の特徴であり、社員と業務執行権は一緒なのが合同会社であるというような説明をさせて頂きました。

基本的には、その考え方で合っているのですが、株式会社でも取締役でありつつ、株主に名を連ねている人はもちろんいます。一人で株式会社を設立する人なんかは、資本金の全額を代表取締役である自分で出資するなんてことは良くあることです。

合同会社でも、お金は出資したけれど、会社の経営に携わる必要はないということで、業務執行権を定めないようにすることもできるのです。業務執行権を定めない社員はお金を出資しているだけの人になりますので、株式会社でいう株主だけの立場の人と一緒ですね。

業務執行権を定めない場合は、定款にその旨を書いておけば大丈夫です。ただし、一人だけで設立する合同会社は、その人に業務執行権を定めないと、誰も経営する人がいなくなってしまうので、業務執行権を定めないようには残念ながら出来ません。

業務執行権を定めないような設定ができるのは、二名以上の社員を置いている合同会社だけということなわけですね。

ちなみに、合同会社では業務執行権を定めないことにより、出資だけしている立場の社員を置くことはできますが、経営のみをする(業務執行のみをする)人を置くことは出来ないので、注意して頂きたいところです。もし、お金の出資はせずに、経営にだけ関わりたいという方がいるのであれば、合同会社ではなく、株式会社での設立をお勧めします。

◆合同会社で代表社員や業務執行社員を定めないことは可能か

次に合同会社における代表社員の取り扱いについてです。合同会社で代表社員や業務執行社員を定めないことは可能なのでしょうか。代表社員は、合同会社を代表する人です。

社員が一名だけであれば、その方が自動的に業務執行社員となり、一名だけなので当然のこととしてその方が代表社員となるわけですね。

複数の社員がいる場合は、基本的には全員が業務執行権を持ちますが、業務執行権を定めないと設定することができます。業務執行権を持つ社員が業務執行社員となるわけです。ここで、業務執行社員が一人であれば、この方は自動的に代表社員となるわけです。

業務執行社員が複数いる場合には、定款で何も定めなければ、基本的には全員が代表社員という扱いになります。ただ、代表社員が複数いると対外的に、契約の時とか相手に混乱をさせるかもしれませんので、ほとんどの合同会社が一名の代表社員を選んでいる印象があります。

ですので、基本的に合同会社では代表社員を定めないというよりも、業務執行社員が一名であれば自動的にその方が代表社員となり、複数名いればその中から代表社員を定める(社員全員が代表社員でも大丈夫)ということになるわけですね。

◆業務執行権を定めない代表社員は置くことはできるのか?

これまでの話で、整理できればうれしいのですが、時々「業務執行権を定めない社員をだ表社員にすることはできますか?」という質問を頂くことがあるのですが、それはできません。

業務執行権を定めないということは、経営する立場にないという事ですから、代表社員になりようが無いわけですね。

◆まとめ

・合同会社では業務執行権を定めない社員を置くことができる。
合同会社で代表社員を定めないということは基本的にはありえません。
・当然のことながら、業務執行権を定めない人を代表社員に置くことができない。

こちらの記事もご覧ください
合同会社の代表社員は厚生年金に入らなければいけないのか。