多すぎる目標や夢を自由自在に叶える方法

目標や夢を紙に書き出してみる。中には叶えたい目標や夢が多すぎてびっくりする人もいるかもしれません。

なんだか生きている内に全部達成できるのか不安になったり、何から手をつけて良いのか混乱したり、なんだか逆に面倒臭くなってしまったり。

こんな現状に溺れてしまっている人なら、多すぎる目標や夢も「叶えたい目標や夢がいっぱいあって良かったね!」とお気楽なことを言ってられないでしょう。

そこで今回は多すぎる夢や目標が押し寄せて来た時に、「こちらが自由自在に目標や夢を操って叶えていく方法」を一緒に考えていきたいと思います。

◆多すぎる目標や夢を上手に絞り込む方法

自由自在に目標や夢を叶えるといっても色んな方法があると思っています。

人間は体は一つしかないので、今この瞬間に何の夢や目標に向き合うのか?を明確にしましょう。何事も全力投球するには一つ一つ取り組んでいくしかありません。

そこで絞り込む(=優先順位を付けて取り組む)という作業が大切になってきます。

(1)目標や夢を絞り込む時の考え方

目標や夢が多すぎたとしてそれを絞り込むことにストレスを感じる人もいるかもしれません。ストレスなく目標や夢を絞り込むコツを見ておきましょう。

・多すぎる目標や夢を絞り込むことは捨てることではない

多すぎる目標や夢を絞り込むことは決して他の選択肢を捨てることじゃありません。今はやらないってことなんです。だから思い切って多すぎる目標や夢は絞り込んで今に焦点を当てやすくしましょう。

(2)目標や夢が多すぎた場合の整理の仕方

1、ありったけの目標や夢を書き出す

紙とペンを用意してありったけの目標と夢を書き出しましょう。「もうない!」と思った瞬間からさらに10個ひねり出すように頑張ってみてください。

2、その目標や夢にどれぐらの金額が必要か計算

書き出した目標や夢にどれぐらいの金額が必要かを計算してください。有名なホテルのスイートルームに泊まるという目標ならそれがいくらぐらいの金額がかかるのでしょうか?家を買うならいくらぐらいの家を買いますか?資格の取得であれば予備校に通う金額はどれぐらいでしょう?目標や夢の達成にかかるお金が把握できたら次の二つに振り分けてみてください。

書き出したものを二つに振り分ける

(1)お金を払えば叶えられる目標や夢なのか?
(2)ある程度の時間をかけないと叶えられない目標や夢なのか?

(1)お金を払えば叶えられる目標や夢なのか?

ここで考えるべきはお金を払えば達成できる目標や夢とそうでないものを振り分けることです。お金を払えば叶う夢は比較的時期を設定しやすいからです。

(2)ある程度の時間をかけないと叶えられない目標や夢なのか?

お金だけじゃなくてある程度の時間をかけないと達成できない目標や夢もあると思います。それこそ資格を取得するとか、または結婚をするとか(時間だけが達成要因ではありませんが・・・)。

3、目標や夢に達成時期をつける

上の二つの作業をすると目標や夢に達成する時期がいつ頃になりそうかつけやすくありませんか?

難しいなぁと思ったら、まずは今年一年の間に達成する目標を分けて、来年、再来年と一年単位でできるところまで整理。時期を決められないものについては、未定の項目に振り分けて毎年更新するようにしましょう。

そうすれば今年達成すべき目標や夢に集中できるようになります。

◆多すぎる目標や夢を全て叶えてしまう方法

最後に多すぎる目標や夢を全て叶えてしまう方法があるのかどうか考えてみましょう。

(1)そもそも本当に叶えたい目標や夢なのか見極める

書き出した目標や夢に対して少し見直してみませんか?本当に心から死ぬまでに叶えたい目標か夢なのかどうかってことです。

本当に叶えたいかどうかのヒントになる質問をいくつか紹介しますね。

・足りないものを満たそうとしていませんか?

まず整理したいのは書き出した自分の目標や夢が「足りないものを補おうとしていませんか?」という点です。

実は人間の心って不思議なもので足りないものを補おうとして行動すると、まだ足りない!まだ足りない!と過食症ぎみに次から次へ求めてしまうのですよね。

私はバカだから人一倍勉強しなくてはいけないという心理って進学校に通う人ほど強く持っていると言います。熱心に勉強する人ほど、その裏側では自分はバカなんだという観念を持っていやすいと言われています。

そんな足りないものを補おうとして行動して、実際に満たされたと思ったら、今後は次の足りないものを見つけて補おうと行動しちゃうわけです。それって、終わりの無いマラソンを走るような目標の追いかけ方で疲れちゃうんですよね。心も体も。

ですので、自分の立てる目標はなんか足りないものを補おうとしているなぁ、と思う人は改めて自分の目標のリストを見つめ直してください。

じゃあどうすればいいの?と思うかもしれませんけど、次にその終わりのないマラソンから抜け出せる可能性のある質問をご紹介しますね。

・100%自分を承認できた状態で出てくる目標って何ですか?

「足りないものを補う目標設定」という無限ループから抜け出す一つの鍵は自分を承認できるかどうか・・・です。セルフイメージを高めるとも言いますが、私もそうなんですが100%自分を承認するのはなかなか難しい(笑)。

このブログでは折に触れて「どうすれば100%自分を承認できるか?」「セルフイメージを高めることができるか?」という記事も書いていきたいと思います。

「人生の目標を失った時の処方箋」にも少しだけ自分を承認できるヒントに触れています。ポイントは「自分をダメだとする事で得ているものに気づく」という事です。気付ければ自分を承認できる余地が生まれてきます。

その上で自分を100%承認できるとしたら、どんな目標や夢が思いつきますか?

(2)書き出した目標や夢を達成した味わいたい感情を分析

最後に多すぎる目標や夢を全て叶えてしまう方法の中でも究極奥義です(笑)。目標や夢を達成する時に実は一番何を得たいかというと感情なんです。

「一億円稼ぎたい!」って目標は一億円を手に入れるというよりも、一億円を手に入れた何かしらの感情を味わいたいわけです。

すると自分の書き出した目標や夢で味わいたい感情で共通事項ってありませんか?超乱暴な言い方ですけど、何かの目標達成をして同じ感情を味わえたのだとしたら、もう別の目標も達成したようなもんです!他の目標も一気に達成です(笑)。

◆まとめ

ちょっと最後が強引すぎてすみません。でもここで大切なのは決して多すぎる目標がダメだというわけではなくて、ちゃんと優先順位を付けてあげて一つ一つ自分の感情が満たされるやり方で目標達成の道筋を進んでいければと思います。

その時の優先順位の付け方は今回紹介した方法を参考にしてください。そして目標へ突き進む時には「嫌でも目標達成してしまう究極のプロセス」という記事が参考になると思います。

▼今よりもっと効果的に目標設定をして必ず実現させたい夢や目標がある!って人は原田隆史さんの目標達成ノウハウが役に立つかもしれません。メジャーで活躍する大谷選手なんかも原田さんの目標設定方法を取り入れていたりします。今なら「達成する人の法則(原田隆史)」という本が無料で手に入ります。