逆境を乗り越える成功哲学の力

自分の思うように行かない時、いわゆる逆境の時にこそ人は真価が問われます。普通なら逆境はなるべく避けたいものです。ただ、起業をして会社経営をしたり、もっと言えば生きていればどうしようもできそうにない逆境に必ず遭遇します。

そんな時に、この逆境があったからこそ今の自分がある・・・と言えるようになるにはどうすれば良いのでしょうか。成功哲学の考えを参考にして逆境を乗り越えるヒントを探していきたいと思います。

◆逆境を乗り越える成功哲学の考え方

最初に逆境を乗り越えるために参考になる成功哲学の考え方を見ていきましょう。もしすでに逆境にぶち当たっている方がいれば参考になるかもしれません。

「逆境」とは挑戦すれば必ず出てくる壁のこと

まず確認しておきたいのが、逆境とはあってはダメなことですか?ということです。逆境にはネガティブなイメージがつきまといますが逆境とは成功哲学的にどういう性質のものかをよく確認しておきましょう。

(1)どんな人に逆境は襲いかかってくるのでしょうか?

たとえば何年も勤めた会社を辞めて独立・起業をした人が、今まで誰もしたことがないアイデアを考えたとします。今までに無いサービスですから営業に出ても誰も理解してくれません。これを利用したら絶対に世の中が良くなる確信はあるのに、中々売れないという逆境に直面してしまうわけです。

(2)今まさに挑戦している人に逆境がやってくる

ここで大切なことは、今まで通り会社を辞めなければ、独立も起業もしなければ、アイデアを考えてもサービスとして形にしなければ、、、ここで直面した逆境には遭遇しなかったかもしれません。かなりの可能性で「自分が本当に良いと思っているものが売れない」という逆境には直面しないで済むはずなんです。でもどうでしょう。自分がやりたいと思った事を押し殺して逆境に直面せずに会社員として過ごす日々と、世の中のためになるアイデアを形にして挑戦している日々とどちらが良いですか?

(3)逆境は自分が現場でプレイしているかどうかのバロメーター

そう考えると逆境は自分が挑戦しているかどうかのバロメーター的な役割を果たしてくれるわけです。逆境は自分が現場でプレイしているかどうかを教えてくれるわけです。だって傍観者になっていたり、行動しない人に逆境なんて無いわけですから。

成功哲学的に逆境を乗り越える具体的方法

逆境の持つ性質についてなんとなく理解できたら、成功哲学という観点から逆境の乗り越え方を具体的にみていきたいと思います。

1、逆境にくっつけている解釈に気づく

あなたは逆境に対してどんな解釈をつけていますか?「辛いもの?」「起きてはならないこと?」「自分の生存が脅かされるもの?」「悲しいこと?」何でも良いですが、逆境に対してつけている解釈や思い込みを見つめ直してみましょう。わかりにくければ紙に書き出してみてください。一つ一つ見ながら、事実と解釈を分類してみるんです。

2、逆境に対して新しい意味付けをできるか考える

次に逆境に対して新しい意味付けをできるか考えてみましょう。例えば逆境の性質は挑戦している人に訪れるものです。辛いものという解釈もできれば、挑戦していることを教えてくれる喜ばしいもの、という解釈もできるわけです。新しい解釈としてどんな事ができるのか考えたら、あとは損得勘定でどちらの解釈が自分を勇気付けるのか感じてください。

3、逆境を乗り越えるためのアイデアを最低100個考える

逆境にくっつけている自分の解釈を整理できたら、その上で逆境を乗り越えるために具体的にどんな行動ができるのかアイデアをまずは100個書き出してください。自由な発想で何でも書いてしまうことがおすすめです。「トイレ掃除をする」「神社にお参りにいく」でも良いです。「○○さんに相談する」「○○の本を読む」も良いかもしれないですね。ポイントは具体的に書くこと。そして、もう出ない!と思ったあとに絞り出したアイデアが意外と良いアイデアの確率が高いです。

4、アイデアを効果的だと思うものから3つずつ試していく

逆境を乗り越える100個のアイデアリストが出来上がったらそれを眺めます。解決したい逆境に効果がありそうなものを上から順に3つ試しましょう。「○○に電話をしてアポを取る」「新しいHPを作成する」「ダイレクトメールを送ってみる」例えで出しましたけど、全部やろうとせずにまずは3つ効果のありそうなものを順に選んで行動してみるわけです。

5、逆境が解決しなければ同じことを繰り返す

とはいえ、そう簡単に解決しないかもしれません。あなたを今まで悩ましてきた逆境ですからそう簡単にはいかないですよね。もし3つの行動をしても解決しないのであれば、改めてアイデアを出し直して、優先順位の高いもの3つを試します。逆境に対する解釈が変わり、すでに行動を起こしている人には今まで違う世界が開けていますので、これまで思いもよらなかった事が起きます。成功哲学的に言うと、奇跡が起こることを自分に許してあげましょう。

ちなみに、どうしても逆境に対する解釈を変えることや行動のアイデアが出てこないという人はセミナーや研修に参加することで逆境を乗り越える直接的なヒントを手に入れるのが近道です。おすすめはクリス岡崎さんのMOVEコーチングです。
クリス岡崎MOVEコーチング認定講座

◆逆境をはねかす成功哲学の名言

最後に成功哲学の名言の中から逆境を乗り越える勇気をもらえるものをピックアップしてみました。

逆境を乗り越える成功哲学の名言

・どうもがいてもだめなときがある。手を合わせるしか方法がないときがある。本当の目が開くのはそのときである。(相田みつを)

・壁というのはできる人にしかやってこない。超えられる可能性のある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。(イチロー)

・一つ一つの悲しみには意味がある。時には思いもよらない意味が。どんな悲しみであろうと、それはこの上なく大切なもの。太陽がいつも朝を連れてきてくれるように、それは確かなことなんですよ。(エラ・ウィーラー・ウィルコックス)

・人生で経験したすべての逆境・トラブル・障害が私を強くしてくれた。(ウォルト・ディズニー)

・万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵に立て。その時はじめて新たな風が必ず吹く。(松下幸之助)

・物事に良いも悪いもない、考え方によって良くも悪くもなる。(シェイクスピア)

・私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ。(トーマス・エジソン)

・過去ばかり振り向いていたのではダメだ。自分がこれまで何をして、これまでに誰だったのかを受け止めた上でそれを捨てればいい。(スティーブ・ジョブズ)

・どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自らを鼓舞して耐えなければならない。(渋沢栄一)

・神様は私たちに成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。(マザー・テレサ)

・成果が出ない時にこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに、一歩一歩進めるかどうかが成長の分岐点であると考えています。(羽生善治)

・束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ、私は高く舞いあがれるのだ。逆境があるからこそ、私は走れるのだ。涙があるからこそ、私は前に進めるのだ。(ガンジー)

・いいかい、怖かったら怖いほど逆に飛び込むんだ。(岡本太郎)

・困難を予期するな。決して起こらないかもしれないことに頭を悩ますな。常に心に太陽を持て。(ベンジャミン・フランクリン)

・何でも思いっきりやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのですから。(坂本龍馬)

・名誉を失っても、もともと無かったと思えば生きていける。財産を失ってもまた作ればよい。しかし勇気を失ったら生きている価値がない。(ゲーテ)

・過去の成果で未来を生きることはできない。人は一生何かを生み出し続けなければならない。(カール・ハベル)

◆逆境を乗り越える成功哲学の力、のまとめ

いかがでしたでしょうか。考え方次第で逆境は避けるべきものというよりも、むしろウェルカムって感じもしなくもないです。様々な成功哲学書でも、ある事実について人間は様々な解釈をするもので、その解釈を変えたら簡単に逆境なんて乗り越えらると言っています。

確かに頭の中ではわかっているものの、凡人の私たちにとっては本当にそんなこと可能なの?と思ってしまうのも事実。だからこそ、今回紹介した「アイデアを出して行動」の方法を試してみると良いでしょう。逆境には立ち止まっていては何も起きません。まずは思いつく限り動いてみる。できるところか動いていきましょう。

▼成功哲学の大御所ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を知ってますか?
成功哲学を学ぶ人なら一度は聞いたことがあるであろうナポレオン・ヒルの著した「思考は現実化する」という本。分量が多くてわかりにくいのですが、「思考は現実化するの本を日本一わかりやすく要約した」という記事の中で紹介しているので良かったらご覧ください。

▼これから会社設立を考えている人にどこよりも安く設立する方法教えます。
株式会社でも合同会社でも、立ち上げタイミングではなるべくお金をかけたくないものです。どうすれば会社設立の費用を抑えることができるのか、「どこよりも安い!税理士に会社設立をお願いするメリット・デメリット」の記事で紹介しています。