ベンチャー企業を始めるなら株式会社設立・合同会社設立・個人事業のどれがいい?

ベンチャー企業と聞いてどんな会社を思い浮かべるでしょうか?新進気鋭のイケイケで勢いのある会社というのが勝手なイメージですが何もそんなことはありません。実際にベンチャービジネスを始める上で、どのような形態の会社でスタートすればいいのかわかりにく部分もあるかと思います。ですので、ベンチャー企業・ベンチャービジネスについてひも解いていきたいと思います。

そこで今回は、ベンチャー企業を始めるのであれば、株式会社設立が良いのか、合同会社設立が良いのか、それとも個人事業としてスタートした方が良いのかを考えていきたいと思います。

◆ベンチャー企業とは何か?

よくベンチャー企業とか、ベンチャービジネスなどと言われることがありますが、様々な意味で使われます。よく立ち上げたばかりの会社だったり、成長過程の会社を指してベンチャー企業・ベンチャービジネスを言われたりします。ウィキペディアによるとベンチャー企業やベンチャービジネスは和製英語のようですね。日本で使っている感覚で海外でベンチャーと表現するとベンチャーキャピタルとして受け取られるらしいです。

明確な定義の難しいベンチャーという言葉ですが、調べていると「高度な知識や新技術を軸に大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する企業」という説明がしっくりくる気がします。また、他には「革新的なプロダクト・サービスにより新しい世界を創りつづける起業家精神を持った企業」という説明もありました。確かにこちらも起業規模や設立年数、上場してるかどうか関係ない、ベンチャー企業とは何かをつかみやすいですね。

◆会社設立でベンチャービジネスを展開する注意点

それでは、ベンチャー企業を立ち上げるにあたりどのような形態で事業を立ち上げるのがベストなのでしょうか。前提として先ほどベンチャーの定義として紹介させて頂いた「高度な知識や新技術を軸に大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する企業」を前提に考えると以下のポイントに考えていくとわかりやすいかもしれません。

ヒト・モノ・カネ

よく事業を推進していくために大切な要素として紹介されるのが、この「人・物・金」です。ベンチャー企業を立ち上げるにあたって、自分ひとりで立ち上げることも出来ますが、成長し続けることが前提ですから優秀で情熱を持った人の採用が必ず必要になってきます。物についても今までにないサービスやアイデアが前提としてあるからこそ事業を立ち上げるのだと思いますがさらに新技術や新サービスが生み出され続ける土壌や組織力が大切ですね。さらにそうした技術開発や事業の展開にはどうしてもお金がかかってきます。そうした前提で、どういう形態の会社を立ち上げればいいかを考えていくといいでしょう。

ベンチャー企業を立ち上げるには株式会社?合同会社?個人事業?

ヒト

事業を立ち上げる時は、この株式会社と合同会社と個人事業の三つになるかと思います。まず、人に関しては、個人事業主だとどうしても分が悪くなってしまいがちです。まず、個人事業主が対外的に安定性が無いのと、社会保険への加入も義務付けられていない(5人以下の場合)ので、求職者からすると勤め先の選択肢になりにくいです。ですから、合同会社か株式会社ということになりますが、合同会社はアップルジャパンや西友も合同外車であることから認知はされてきたものの、まだ株式会社の方が相対的に認知が高く、求職者に安心感は与えやすいですよね。

モノ

ベンチャー企業が新しい革新的なモノやサービスを開発するにあたって、個人事業や合同会社、株式会社はあまり関係ないと思います。ただ、そのモノやサービスを世の中に提供したり、協力を求めたり、取引をしたりするのに個人事業だとNGとする企業もあるかもしれません。特に大企業であればあるほど、法人でないと取引ができないなんてところがあったりします。

カネ

これはお金をどうやって集めてくるかという点ですが、自分のお金を使うのは大前提ですが、出資してくれる人の協力を仰ぐという観点もあります。そうすると、個人事業主は出資してもらうという手続きは踏めませんので合同会社か株式会社かになります。合同会社は出資する人と経営する人が一緒なのであまりお勧めはできません。すると、会社を経営する人と出資する人が明確に分かれる株式会社設立をした方がスムーズに資金調達が出来るでしょう。また金融機関から融資を受けるにあたっても個人事業よりも株式会社や合同会社の方が有利とも言われています。他にも最近ではクラウドファンディングという方法もありますが、これは特に法人・個人の制限は無いようですね。

◆ベンチャー始めるなら株式会社設立・合同会社設立・個人事業のどれがいい?のまとめ

いかがでしたでしょうか。ベンチャー企業にて会社設立をする際は株式会社設立をする方が一番いいのではないかと思います。相対的にではありますが、人を採用しやすい・事業展開しやすい・お金を借りやすいという三点に大きなメリットがあるからです。とはいえ、ベンチャービジネスは株式会社設立したからといって成功するわけではなくあくまでも、世の中に新しい技術やサービスを生み出し、人々から喜ばれる存在になるという志が何よりも大切になってくるかと思います。

こちらの記事もご覧ください。
株式会社設立は募集設立と発起設立のどちらを選べばいいですか?