株式会社設立のリスクを完全網羅します。

これから株式会社設立しようとする方々はなにも未来に絶望している人は誰一人いないと思います。それよりも、これから自分の手で本当に良い世の中を作っていく手応えに胸踊らせ、自分が成功する姿に夢抱いているのではないでしょうか。

株式会社設立することは、自分の目標実現へ向けての大きな一歩です。良い部分がたくさんみえるでしょう。それと同時に、準備段階で株式会社設立のリスクもしっかりと把握しておく必要があると思います。ある意味で「悲観的に対処し、楽観的に行動せよ」ということですね。そのために今回は株式会社設立のリスクに関して見ていきたいと思います。

◆株式会社設立のリスクを考えてみます。

株式会社設立の費用

株式会社設立にはお金がかかります。これが、まず第一のリスクではないでしょうか。株式会社設立の実費は約24万2,000円です。内訳が登録免許税15万円、公証役場への認証手数料が5万2,000円、収入印紙代4万円といった具合です。自分で手続きをすると大体これぐらいが費用としてかかります。

その他に司法書士の先生や、会社設立代行の会社にお願いするとさらに手数料を支払わなければならないですし、会社用の印鑑作成代など細かいものも合わせて30万円以上は必要になるかと思います。個人事業主の場合は開業するのに費用がいらないことを考えると、売上が立つかどうかわからない状態で株式会社設立するには設立にかかる資金的リスクがあるということを知っておいてください。

資本金も準備しなくてはならない

これは昔は1,000万円の資本金がないと株式会社設立ができなかったのですが、今は1円からでも株式会社設立ができますから、そこまでリスクでは無いかもしれませんね。事業をやることのリスクを考えると、会社が運転できるようにある程度の資金は用意しておきたいところですね。

法人住民税の均等割

株式会社設立をすると、売上があってもなくても必ずかかる法人住民税というものがあります。売上が0の時や、赤字でも均等割といって必ず払ってくださいという料金が設定されているわけですね。これが最低で7万円です。ですのでリスクとしても法人住民税の均等割を毎年払わないといけないということが挙げられます。

決算の公告をしなければならない

これは以外と知られていないのですが、まず公告って何?って感じですよね。公告とは株式会社ついて法律で決められた事柄を、官報や新聞、インターネットによって発表することですね。官報と呼ばれる国が発行する冊子のようなもので、公告をする場合には費用がかかりますので、ある意味これも金銭的リスクですよね。

任期がきたら役員の登記は必ずしなければならない

株式会社設立時に取締役の任期を決めます。これは内閣総理大臣の任期と似たようなもので、取締役会を設置しない会社であれば1年〜10年で決めることができるのですが、その設定した期間にもう一度取締役を決め直して、同じ人が引き続きなる場合でも法務局に再任の手続きをしなければなりません。その手続きにお金が必要なのですね。

社会保険に加入しなければなりません

株式会社設立をすると、必ず社会保険に加入しなければなりません。個人事業主のときには、国民健康保険や国民年金への加入でよかったのですが、社会保険に加入することで支払う保険料は高くなります(その分、受け取れる内容が充実するというメリットもあります)。そして、この社会保険料は従業員と会社とで半分ずつ支払うので、会社から出て行くお金が増えてしまうことになります。

税理士や会計士に業務をお願いしなければいけないかもしれない

個人事業主の場合は自分で経理の処理をして、確定申告を済ませることは出来たかもしれません。会社の場合、同じ感覚でいると結構大変になるかと思います。というのも、会社の方が揃える資料も手続きも複雑になるからです。こうした経理業務に精通していたり、簿記の知識がある方なら問題ないかもしれませんが、それでも決算の申告はほとんどの会社が税理士や会計士にお願いしているのが現状です。それに伴って、税理士や会計士に支払う費用が追加でかかると考えておいた方がいいでしょう。

会社を清算するのにもお金がかかる

株式会社設立をして、事業がうまくいかなかったら放ったらかしというわけにはいきません。会社が立ち行かなくなったら、会社を清算したり、休眠させたりしないといけないのですが、清算する場合には税理士に申告をお願いしたり、弁護士に資産の整理をお願いしたりと追加で会社設立以上のお金がかかると考えておいた方がいいでしょう。

◆株式会社設立のリスクを完全網羅します、のまとめ

いかがでしたでしょうか。株式会社設立にかかるリスクを知った上で、綿密な準備をしていただければと思います。

冒頭で紹介させていただいた「悲観的に対処し、楽観的に行動せよ」という言葉は元伊藤忠商事の特別顧問の瀬島龍三氏の言葉だったと言われています。言葉の捉え方は様々ですが、ものごとを始める前に悲観的な頭で全てのリスクを検討に検討を重ね、とにかくこれ以上にないぐらいリスクを検討した上で、株式会社設立をし事業スタートさせることを決断したら、とにかく楽観的に少しの壁にも足を止められることなく力強い行動をしようということだと私は捉えています。少しでもこれから起業されるかたの力付けになればと思います。