要注意!最低資本金で株式会社設立をする時のポイント

現在は最低資本金1円からでも株式会社設立できるようになりました。昔と比べて日本で会社を設立しやすくなったわけですね。

株式会社設立のハードルが下がって良い面があるものの、資本金については会社を運営していく上で重要な要素でもあります。とはいえ、そもそも資本金の役割だとか、株式会社設立時に抑えておきたい最低資本金のポイントなども結構あったりします。

そこで、最低資本金で株式会社設立をした場合でも上手に会社を運営していけるようにポイントをまとめてみました。

◆最低資本金が1000万円ないと株式会社設立できない時代

会社を作るためのルールをまとめた法律を「会社法」と言います。実は昔は資本金が1000万円以上ないと株式会社設立をすることが出来ませんでした。

平成

今はなき最低資本金制度について

資本金とは会社のために使えるお金のことを言います。株式会社の場合はお金を出資する人と、会社を経営する人が分かれていて(一緒でももちろん大丈夫です)、株式会社設立時に出資してもらったお金が資本金となるわけですね。株式会社設立後にこの資本金は増やすことも可能です。

資本金とは会社が事業のために使えるお金のことですから、会社の体力・強さを表す一つの指標にもなります。資本金が大きければ、この会社は色んなことに投資したり、ある程度食いつなげる体力がありますから、融資を受ける際や、会社の評価を上げる時や、会社の安心感を伝える時にはプラスに働くことは大きいですよね。

なんで昔は最低資本金が1000万円だったのでしょうか?

昔は資本金が1000万円ないと株式会社設立をすることが出来ませんでした。これは最低資本金にハードルを設けることで、会社が健全に運営されることを意図していたんだと思います。というのも、会社は必ず未来永劫存在し続けるということは稀だと思います。それこそ、不祥事やら倒産やらで株主も取引先も、会社と関わるということには常にリスクがあるということですよね。そうした何かあった時に、株主や取引先(債権者)を守ることが出来るように、最低資本金を1000万円に定めて、ハードルを上げつつ、安全性を確保したのではないかと思います。

最低資本金が1円になったのはなぜでしょう?

最低資本金が1000万円だった頃は、それだけで株式会社設立の出来る人は限られてしまいますよね。実際に、欧米に比べて日本の株式会社設立の割合は非常に少ないと聞きます。また、たくさんの新しいビジネスや企業が次々と立ち上がっていかないと、経済の向上や、雇用の確保もままならないばかりか日本の景気も回復することはないですよね。

そういった事もあり、だれもが株式会社設立しやすくなるように、2002年の会社法改正で、最低資本金が1円からということになったわけです。最低資本金のハードル下げるから、アイデアや情熱のある人は次々に会社を立ち上げて、日本の経済と雇用に貢献して下さい!ということですね。

◆最低資本金で株式会社設立をするとどうなるのか?

最低資本金である1円で、もし株式会社設立をしたとしたら、どうなるのでしょうか?気を付けておくべきポイントがいくつかあるので、そちらを一緒に考えていきましょう。

会社の資金繰りにはご用心

会社を立ち上げたばかりであれば、通常はスグに売上は立たないでしょうし、売上が入るとしても数か月先などもざらにあると思います。そうすると、会社の運営に使う経費(家賃や、給料や、通信費など)を支払うのに1円じゃたりませんよね。そんな時は社長が会社にお金を貸すというかたちで、資金を投入したり、金融機関から借り入れをして運転していくことになります。ですので、最低資本金の1円で株式会社設立をする時は資本金に注意が必要です。

逆に、設立してスグに売上が発生する現金商売だったり、前金で仕事を出来るようなビジネスモデルで、売上が入った後に経費が出ていくような仕組みを作ることが出来ればそのまま最低資本金である1円のままで事業を始めて大丈夫だと思います。

融資を受ける時にはご用心

株式会社設立後、スグに融資を受ける場合にも最低資本金である1円で会社を立ち上げるには注意が必要です。株式会社設立直後に融資を受けるとなると、大体が日本政策金融公庫という国の運営する金融機関からの「創業融資」か、民間の金融機関からの融資を市区町村がサポートしてくれる「制度融資」のどちらかを選ぶことが多いです。

公庫の創業融資も、制度融資も自己資金としていくらかお金を持っておく必要があり、大体が会社経営者の与信によるところが大きいとはいえ、立ち上げた会社の資本金はその会社の体力を表すものなので、考慮されます。ですので、最低資本金1円で株式会社設立をした場合には、他に自己資金をたくさん持っていようと、なぜ資本金が1円なのかもしっかりと説明できるようにしておくと良いでしょう。

取引先の新規開拓にはご用心

すでに潤沢な取引先がある場合には問題ないのですが、株式会社設立後に新規顧客の開拓をする場合には、最低資本金である1円で会社を立ち上げるには注意が必要です。業界や商習慣にもよると思うのですが、新規で取引をする時には、必ず会社がちゃんとした会社かどうか見られますし、その一つの指標として資本金の額がありますから、資本金1円だと相手には不安を与えかねないからです。特に大手企業との取引がある場合には注意をして下さい。

許認可を受ける予定がある時はご用心

仕事の内容によっては、市区町村から許認可を受けないと出来ない仕事があります。そして許認可の中には資本金の額(会社の資産)に条件がある場合もあるのです。もし、新しく立ち上げようとしている会社が許認可を必要とするもので、さらに資本金に条件が付いているものであれば注意をして下さい。かならず、管轄となる行政庁に確認をしてから株式会社設立の手続きを進めるようにしましょう。

◆最低資本金で株式会社設立をする、のまとめ

いかがでしたでしょうか。株式会社設立が最低資本金の1円から出来るといって、カンタンに飛びついてしまうと、のちのち後悔してしまうこともあるので、注意しながら事業の立上げを検討するようにしていきましょう。

・株式会社設立の際の最低資本金は1円から可能。
・最低資本金の1円で株式会社設立する時はデメリットもあるので注意して行うkと。

こちらの記事もご覧ください。
公務員が株式会社設立をすることは出来るのでしょうか?