株主リストとは何か?会社設立時を含めてどんな時に作成するのか調べてみました!

会社設立・独立・起業アドバイザーのごはんつぶ(@gohaotsubu)です。これまで通算1000件を超える会社設立や起業、さらには採用や社員教育・コーチングのお手伝いをしてきました。

株主リストと呼ばれる書類があります。これは株式会社設立時に必要な書類ではなく、ある一定の条件にあてはまる手続きで必要になります。

株主名簿と間違いやすいですが、役割やフォーマットが少し違うので間違いないように注意しましょう。

この記事でわかること

・株主リストの役割と作り方。

◆株主リストとは何?株主名簿との違いとは?

株主リストとは、ある登記をするときに添付する必要がある書類です。ただし、会社設立の登記をするときは、必要ありません。

(1)株主リストとは何か?

株主リストとは、会社のメインとなる株主の情報を載せた書類です。株主の氏名、住所、持ち株数を書いた書類のことです。

1、株主リストの雛形

会社設立の登記では必要ありませんが、それ以外の登記で提出を求められることがあるわけです。ちなみに法務省で提供されている株主リストの雛形はこちらなので、これに沿って作成すれば大丈夫です。

法務省のサイト

2、株主リストに記載する内容

議決権数上位10名の株主:議決権というのは持っている株の数ですね。一株1万円の株を100万円分を持っているのであれば100株を持っているわけです。この100株が議決権数ということです。

おおもりくん

株主リストは、株主全員を記載するわけじゃなくて、持っている株数が多い順に上から10名まで載せればいいんだね。

(2)株主名簿との違いは?

あわせて読みたい

株主名簿については、こちらで詳しく説明しているので参考にしてください。

会社設立後に必要な株主名簿の作り方!雛形をつかってカンタンに作れます!

2019.08.10

◆株主リストが必要な登記申請とは何か?

 

◆株主リストの雛形を使って書類を作ろう

 

◆「会社設立に必要な株主リスト」まとめ

 

まとめ

・株主リストは会社設立タイミングでは作成する必要はない。

あわせて読みたい

株主リストに似ている名前で、株主名簿というものがあります。こちらは会社設立後に作成する必要がある書類です。

会社設立後に必要な株主名簿の作り方!雛形をつかってカンタンに作れます!

2019.08.10