株式会社設立をする理由や目的について考えてみる。

人の数だけ株式会社設立をする理由があります。事業を始めるということは生半可な気持ちでは出来ないものです。仕方なく独立するのか、どうしたもやりたいから独立するのか、どちらが成功するのかは一目瞭然ですよね。そこで今回は株式会社設立の理由や目的について、どんなケースが考えられるのかを考えてみました。

◆株式会社設立をする理由や目的として多いもの

それでは、順をおって株式会社設立の目的として、よくありがちなケースをみていきましょう。

取引先から株式会社でないと取引が出来ないと言われた

個人事業主では取引は出来ないけど、株式会社設立をすれば取引が出来るとするケースをよく聞きます。具体的には上々会社などの大手企業が個人事業主と一緒に仕事をするケースは非常に稀です。大手の会社は取引する会社の与信管理などをやっているからです。個人事業主は対外的いは不安定と捉えられがちで、会社の場合は債権者保護という観点で有利なのですが、個人事業主は不利になりがちです。また、建築業に多いのですが、会社にして社会保険に入らないと取引が出来ないなんてところもあったりします。

個人事業主だったけど売上が大きくなってきたから会社にする

個人事業主の場合は、売上から経費を差し引いて所得税を計算します。所得税は累進課税なので大きくなればなるほど、所得税は大きくなります。すると、ある一定の売上を超えるときからは会社にした方が税金が安くなるなんてケースがあるわけです。厳密には会社にすると社会保険に入らなければいけないなど、追加でかかる経費が発生しますので、しっかりとシミュレーションを立てることをおススメします。

許認可が必要な仕事をするために株式会社設立しなければならない

仕事の中には国や市区町村から許認可をもわないと出来ない仕事があります。その許認可の中でも個人事業主には出来ないものもあり、株式会社設立を必要とするものもあるわけですね。ですので、許認可をとることを目的として株式会社設立をする人も結構多い気がします。

株式会社設立をすることで第三者の信頼感をあげる

これは株式会社にすることによって第三者からの信頼をあげられるというメリットがありますよね。新規営業で、取引先を増やすにあたっても個人事業主よりも株式会社の方が開拓しやすいです。また会社である方が採用活動なんかも効果が上がりやすいですよね。株式会社にすると必ず社会保険にも入らないといけなくなりますので、それは応募する側からすると安心感につながります。

◆株式会社設立をする目的について考えてみる、のまとめ

株式会社設立の背景には、いろんな理由や目的がありますよね。実際に独立するということは大きな決断であることに間違いがありません。だからこそ、少しでも悩みがある方は、本当に今独立する必要があるのか、株式会社設立をする必要があるのかをしっかりと自問自答する時間を持つと良いでしょう。

こちらの記事もご覧ください。
株式会社設立後に消費税免税を受けるポイント