株式会社設立を税理士事務所にお願いすることについて

株式会社設立をしてくれる税理士事務所があるのを知っていますか?株式会社設立をしてくれる会計士事務所も司法書士事務所も、行政書士事務所もある中で、お願いするとしたらどこに依頼しようか悩んでしあいます。そこで、今回は株式会社設立を税理士事務所を中心に外部にお願いするとしたら、どんな特徴があるのかを整理してみました。

特に税理士や会計士にお金のことを続けてお願いする時には自分の会社の内情をすべてさらけ出すわけですので、信頼に足る人を選びたいものですよね。

◆株式会社設立を誰にお願いするかの選択肢

まずは、株式会社設立をするにあたり、税理士をはじめ、それ以外のところにお願いする時のポイントを整理しておこうと思います。

自分でやる

まずは、株式会社設立を自分でやるという選択肢です。会社設立の書類作成から何まで全部一人でやることになります。今では設立書類のフォーマットは法務局のホームページから手に入れることができますし、他にもわからない事があれば、登記電話相談室というものがありますので、そちらで直接電話で相談しても大丈夫ですので出来なくはないと思います。会社設立の手続きについても詳しくなれるという点でメリットはありますけど、その分時間がかかるというデメリットもありますよね。あとは設立に必要な費用は実費だけですから手数料などは必要ないのは良いのですが、公証役場へ認証の手続きをするのに紙の定款でやることになると思いますので、4万円の収入印紙が別途必要かと思います。

司法書士や行政書士にお願いする

株式会社設立の代行をお願いする際に一番の専門家は司法書士の先生ですね。株式会社設立は法律的な手続きですので、これは司法書士の専門領域なわけですね。ちなみに行政書士の先生でも株式会社設立の手続きを代行しているところがあるのですが、基本的には行政に関わる書類をつくるのが専門ですので、定款作成などの限られた部分しか請け負えないとされています。ただ、司法書士の先生と提携をしていたり、本人が登記申請をする前提でサポートしているところがあるようです。株式会社設立の専門家ですから、安心感があるのと、手間がかからない分ラクなのは良いですよね。ただし、株式会社設立の代行をお願いした分、手数料がかかるのがネックかもしれません。

会計士事務所や税理士事務所にお願いする

最後に株式会社設立を会計士事務所や税理士事務所にお願いするパターンです。よく広告にも出てくるのですが、手数料もなしで株式会社設立の代行をしてくれます。中には手数料が0円なのに、さらに割引をしてくれるところもあります。そんなにして、どこから売上立てているのか心配にないrますが、そういった所は株式会社設立後に自分の税理士事務所や会計士事務所と顧問契約を結ぶことを前提としているようですね。どのみち株式会社設立後に会計士事務所や税理士事務所を付けようと考えているのであれば、一番安く済む方法かもしれませんね。

◆税理士に株式会社設立をお願いするときのポイント

それでは、税理士に株式会社設立をお願いする時のポイントについて見ていきましょう。設立後の顧問契約が前提となるわけですし、ある意味で一生付き合っていく関係になっていくわけですから慎重に決めたいですよね。それでは、具体的にみていきましょう。

株式会社設立を多く手がけている税理士か?

とはいえ、まずは株式会社設立をしなければいけませんから、そうした株式会社設立を多く手がけている税理士事務所かどうかがポイントだと思います。税理士の専門領域は、あくまでも税務に関わる手続きですから、株式会社設立が専門家なわけではないですよね。ただ、株式会社設立をしている税理士事務所のホームページを見てみると司法書士の先生と提携を結んでいたりするところがほとんどなので安心かもしれません。とはいえ、窓口に立ってくれる人が多くの株式会社設立を手がけている方が、いろんな角度からアドバイスや気づきを与えてくれますので、どんな人が窓口になってくれるのかは非常に気になるところです。

株式会社設立後に顧問契約を結ぶ税理士として安心か?

株式会社設立をした後には、ほとんどの会社が税務顧問契約をどこかの税理士事務所と結ぶことになります。個人事業主の人は自分で確定申告をする人もいたかもしれませんが、株式会社となると自分で決算の申告をするのは非常に難易度が高くなってしまいます。

物事をわかりやすく説明してくれる人物か?

税金関係の話は、とても難しいです。専門用語が飛び交い何を話しているのかわからない税理士の先生もいます。時々、税務のことは一般庶民にはわからないだろうという高飛車な態度でいる人もいたりします。とはいえ事業を行うのはこちらですから、会社の数字や健康状態についてはしっかりと把握しておかないといけません。そうした情報をわかりやすく伝えられる人が本当に貴重です。

担当する税理士や窓口の人は信頼するに足る人物か?

会社のお金のことをお願いするわけですから、素直で真面目な人かどうかはとても重要なポイントです。自分の会社の全てをさらけ出すわけですし、従業員の給与、自分への報酬すべてがその人に筒抜けなわけです。信頼するに足る人間性を兼ね備えているかどうか、レスポンスの早さや、わからないことがあればスグに調べる素直さ、専門家として飽くなき探究心を持ち続ける謙虚さ、税理士としての経験や知識が少なくとも、こうした点が揃っている人は今後長い目で見たときに急速な成長を遂げるはずです。

会社のことを自分のこととして考えてくれる人物か?

最後に、会社のことを自分のこととして考えてくれるかどうかです。ビジネスライクにただ、税務や会計の処理だけをしてそれで私の仕事は終わりですというような人も中にはいます。もちろんプラスアルファの依頼をすれば、その分費用はかかるかもしれませんが、ビジネスライクにやるよりも、自分のこととして親身に考えてくれる税理士の先生にお金を払いたいものです。だからこそ、節税の提案や、融資のサポートや、補助金だったり助成金の案内に熱がこもってくるのだと思います。本当に自社のことを考えてくれる人かどうか、難しいのですが、しっかりと見極めていきたいところです。

◆株式会社設立を税理士にお願いすることについて、のまとめ

いかがでしたでしょうか。株式会社設立を税理士にお願いする時の注意点などが整理することができれば嬉しいです。会社をつくる事はもちろん大切なのですが、何よりも重要なのは会社を作った後なはずです。事業を全力で推進するためにも、お金関係を安心して任せられる税理士やパートナーと出会いたいものです。

こちらの記事もご覧ください。
株式会社設立に住民票は必要ですか?