会社設立した人必見!事業を加速させるための銀行口座の選び方

株式会社にせよ、合同会社にせよ、会社設立をした後にやらなきゃいけない事で、一番最初のハードルになるかもしれないのが法人銀行口座の開設です。でも、最近の法人銀行口座の開設は厳しくなっていると言います。

確かに会社設立まで順調に進んでいて、事業をスタートするモチベーションが乗りに乗っている時に銀行口座開設ごときでつまずいてしまったら、やっぱイライラしますよね。法人の銀行口座開設のためのノウハウや絶対にやるべき事をまとめたのがこちらの記事になりますので、必ず一読するようにして下さい。

今回は数ある金融機関の中で、どの銀行を選べば口座を開設しやすい?事業をスタートする上で使い勝手の良い銀行口座は?なんて要望に答えるために、会社設立後の銀行口座の選び方についてまとめてみました。

◆会社設立後の銀行口座の選択肢となる金融機関の種類

どんな銀行の法人口座が会社設立時には適しているのか考えるために、いくつかカテゴライズしてみましょう。

(1)都市銀行

みずほ銀行や三菱UFJ銀行、三井住友銀行なんかのメガバンクは都市銀行というくくりですね。全国に支店があって使い勝手が良いのと、やはり有名なので取引銀行がここなら信頼できるみたいな取引先もあるかもしれませんね。会社設立してスグだと銀行口座のハードルは高いってイメージありますよね。

(2)地方銀行

千葉銀行とか、横浜銀行とか、地域に根ざしている銀行です。都市銀行よりは会社設立してスグでも銀行口座は作りやすいかなーといった印象です。地域密着といった感じで、中小企業に対してもきめ細かいサービスをしてくれるような印象です。

(3)信用金庫

城南信用金庫とか西武信用金庫とか聞いたことありませんか?金庫と書かれると意味わかんなくなっちゃうけど、利用する人が預金したそのお金で運営されるわけです。その地域の人しか使えないため、より地域密着感は高くなります。

(4)信用組合

信用金庫とよく似た金融機関として信用組合があります。信用組合だと地域単位だけでなく、業種単位だったり、職種単位で組合を作ったりして、原則は組合員しかお金の出し入れはできません。

(5)ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行とは名前の通り日本郵政が株主になっている金融機関です。都市銀行ばりの全国網を持っているのでATM利用なんかでは便利ですよね。特に田舎にいくと、都市銀行のATMないけどゆうちょ銀行だけはあったり大変ありがたい金融機関です。ATMの利用手数料も無料ですし、一番のメリットはゆうちょ銀行同士の振り込みは手数料無料なのが最強です。

(6)ネットバンク・ネット銀行

楽天銀行や住信SBIネット銀行などネットバンクにカテゴライズされる金融機関は比較的、会社設立後の銀行口座開設もしやすいとは言われています。ただし、レンタルオフィスやバーチャルオフィスで会社設立した場合は無条件でダメだったりするので注意が必要ですね。

◆株式会社設立後の銀行口座を決める切り口

それでは、具体的に株式会社設立後には銀行口座をどんな観点で選択していけばいいのか、考えていきましょう。これから長い付き合いになる銀行ですから、しっかりと納得のいく選び方ができるのが良いですよね。

(1)金融機関の支店への通いやすさ

まずは金融機関への通いやすさです。どこの支店で口座を開設するかってことなんですが、自宅から近い方がいいのか?職場から近い方がいいのか?おそらく会社での働き方に大きく関わってくると思います。昔なら仕事をするのは会社ですから、そこから近い支店で銀行口座を作れば事足りていたと思います。ただ、今は会社はバーチャルオフィスで登記して自宅で仕事をするのがメイン、なんて方もいると思います。すると、会社から近い支店より、自宅から近い支店の方が利用頻度も高いですし便利ですよね。

(2)支店・ATMの多さ

次に支店やATMの多さです。株式会社設立をして事業をスタートすると、急な支払いや、急ぎの手続きなど、いつどのタイミングで銀行に用事ができるかわかりません。そこで、移動先や出張先に自分の会社の支店やATMがあると便利ですよね。もちろん複数の銀行口座を作っておくというのも手ですが、最初はそんなに多くの銀行口座を管理するのも大変ですので、この支店・ATMから見た使い勝手の良さは考えておくと良いでしょう。

(3)手数料の安さ

意外と馬鹿にならない出費になるのが、銀行のサービスを利用した時の手数料です。振り込みなんかは一つ一つの取引でかかる金額は少ないものですが、この頻度が高くなると一気にコストが膨らみます。たとえば従業員がたくさんいる会社の給与振り込みや、支払い頻度の高いお得意先への入金など、避けては通れないものもたくさんあります。だからこそ、手数料の安い銀行を選んで株式会社設立時の費用をなるべくかけないようにするのは大切です。

(4)取引先に与える安心感

今ではそんなに重要度は高くないかもしれませんが、大手の都市銀行の口座がある会社は取引先など対外的にみて安心感を与えられるかもしれません。とはいえ、これは取引時の与信管理などといった時に出てくる課題かと思いますので、そこまで気にする必要はないんじゃないかと思います。

(5)中小企業へのフォロー体制

最後は各銀行それぞれのフォローアップ体制というか、サービスラインナップですね。このブログを読んでくださる方はどちらかというと小さく事業をスタートしていく中小零細企業・ベンチャー企業の人たちだと思います。そうした際に、銀行がより親身になってフォローしてくれるかは事業を進めるにあたり大切だと思います。担当は数年で変わりますので、銀行としての姿勢をみると良いかもしれません。一般的に都市銀行より信用金庫とかの方が親身だと言われています。

◆会社設立後に事業を加速させるための銀行口座の使い方

最後に、株式会社でも合同会社でも、会社設立後に事業を加速させるための理想的な銀行口座の選び方・利用方法を検討してみましょう。

(1)会社設立後に複数の金融機関に法人銀行口座の作り方事前確認

まずは銀行口座は一つじゃないといけないわけではないので、複数の金融機関から銀行口座を作る事を考えて、目星を付けた金融機関の手続きの仕方や事前に準備しなければいけないもの等を電話やネットで確認しておきましょう。

(2)一番効果的な組み合わせを検討

その中で効果的な組み合わせな無いか考えておきましょう。効果的な組み合わせとは、例えば住信SBIネット銀行の口座を開設した場合は、クレジットカードであるミライノカードのゴールド会員であれば、月の振り込み手数料は15回まで無料だったりします。

(3)ビジネスと照らし合わせて入金用銀行口座・出勤用銀行口座へ

一つのアイデアとして入金用の銀行口座と、出金用の銀行口座を分ける事も可能です。お金の管理をしやすいし、振り込み手数料は金融機関によって違うし、同一金融機関だったり、同一支店で変わります。

・支払い銀行口座としてのネットバンク

基本的にネットバンクの方が振り込み手数料が安いですので、出金用の銀行口座としてネットバンクを用意しておいて良いかもしれません。

・大量の給与支払いについては同一支店で口座を作ってもらう

従業員が増えてくると同じ支店で給与振り込みをするのも一つの方法です。そうした方が振り込み手数料が安く済むからです。最強はゆうちょ銀行で、ゆうちょ銀行同士であれば振り込み手数料が無料なので、とても便利です。

(5)経理作業の効率化をするなら

もし経理作業を効率化するならクラウド型の会計ソフトを使うのが楽です。そして銀行口座もインターネット上で利用できるサービスに切り替える事で、会計ソフトと繋げて口座でのやり取りを自動記帳してくれます。有名な所としては、会計freeeや弥生会計があり、共に無料でスタート出来るので試して使い勝手が良い方を活用すると良いでしょう。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

◆株式会社設立をした人のための銀行口座の選び方、のまとめ

いかがでしたでしょうか。会社設立後の銀行口座の決める時に一般的なポイントを紹介させていただきました。とはいえ、最初の方で伝えさせて頂いたように銀行口座の開設は難しいと言われることも多いですし、実際には法律的にも厳しくなっているのは事実です。だからこそ、株式会社設立時に準備できることはしっかりしておくといいでしょう。会社設立時の法人口座の開設の仕方をまとめたページもありますので、ぜひ参考にして下さい。

1、起業時に銀行から100%の確率で融資を受けるのは可能?

起業をしてスグは銀行から融資を受けるのは難しいですが、どうすれば高い確率で融資を受ける事ができるのでしょうか。こちらの記事で紹介しているので、良かったらご覧下さい。

2、会社設立後の税務署への届出の全て

株式会社でも、合同会社でも、会社設立後の税務署に対する手続きは一緒です。期限があるものもあるので、忘れずに対応するようにしましょう。こちらの記事で紹介しています。

3、会社設立したら必ず行う社会保険の手続き

会社設立後に必ずしなければいけない作業の一つが社会保険の手続き。こちらの記事で詳細をお伝えしているので、良かったらご覧ください。