目標達成を一気に加速させるアプリはこれだ!

今や生活に欠かすことのできないスマホですが、特に自分に合わせたアプリが大変便利ですよね。色んなアプリがありますが中には目標達成を加速してくれるような便利なアプリも多数存在します。

目標達成に大切なのは「目標を明確にして決断する」「細かく目標を分けて必ず達成する」の二点です。これを簡単に実現してしまうヤバいアプリはたくさんありますので目標達成に役立つアプリという軸で紹介させてもらいます。

◆目標達成を加速させる目標設定アプリ紹介

まずは目標達成を加速させるのはスタートが大事ということで、目標達成に役立つアプリを紹介します。

1、10Yearsで10年スパンの計画を立てる

10Yearsというアプリでは現時点から10年後までの目標設定を年ごとにすることができます。さらに1年ごとに目標設定をして月ごとのタスクに落とし込むことができます。

・「やりたいこと」を紙に書き出す

「10年スパンの計画と言っても・・・何を書けば良いかわかりません」という方は紙とペンを用意してとにかく思いつくものをどんどん書き出してみてください。紙に書くと夢や目標が叶うと言われるのは文字にすることでエネルギーが生まれるからだとも言われます。とにかく何にも制限される、やることなすこと全て叶っちゃうとしたらどんなことをしたいですか?今すぐ書き出してみましょう。

2、72Actionというアプリで明確な目標設定をする

72Actionというアプリがあります。これは一番真ん中に一番叶えたい目標を書き周りの8マスにそれを実現するための小さな目標設定をします。その小さな目標8つに対してさらに周りに8マスを作りその目標を具体化していくというものです。原田隆史さんはこれをオープンウィンドウ64と名付け多くの企業やスポーツ選手に取り入れられている目標設定方法です。

・オープンウィンドウ64という目標設定の技術

オープンウィンドウ64という目標達成業界の大御所である原田隆史さんが考えたノウハウがあります。マンダラチャートというものをヒントに8×8の64マスを利用して目標設定するというものです。

・大谷選手も高校1年生の時にオープンウィンドウ64で目標設定していた!

原田隆史さんの著書である「一流の達成力」という本の中では大谷選手も高校1年生のときにこのオープンウィンドウ64を使って目標設定をしていたと書いています。ちなみに大谷選手が日本のプロ野球1年目に目標設定したのが「5勝を挙げる」ということらしいです。オープンウィンドウ64の真ん中にはこの5勝が入ったと言います。メジャー挑戦中の今の大谷選手は真ん中にどんな目標設定をしているのでしょうか。

◆目標達成のために習慣化をサポートするアプリ紹介

次に目標達成を実現するためには日々の習慣が大事です。習慣が人生を決めると言っても過言ではないですから、目標達成のための行動を習慣づけるのに役立つアプリを紹介しますね。

1、Googleカレンダーのゴール機能

スケジュールは何で管理していますか?私はGoogleカレンダーです。検索やGメールといったイメージが強いですよね。経営者や会社員だけでなく主婦や学生もGoogleが提供するサービスは注目しておいた方がいいです。むしろ使いこなせた方がいい。

ごはんつぶ
世の中には星の数ほど企業があるのに何でそこまでGoogleに注目しなければいけないのさ。

・目標達成を引き寄せるためにはGoogleを使いこなせた方が良い

もちろんGoogleだけでなくAppleとか注目すべき企業はたくさんあるんだけど、人生の多くの時間をネットで過ごすことになる現代人はGoogleの提供するサービスは常に注目した方が良いです。最新のGoogle情報は「Googleサービスが全部わかる本完全版」が初心者向けです。

・Googleカレンダーのゴール機能

Googleカレンダーにゴール機能がついたのをご存知でしょうか。使い方はGoogleのこちらのサイトを参考にしてもらうとして目標達成のための習慣を定着化させるためにはもってこいのアプリです。


参照:CNET Japan

例えばダイエットを達成目標にしたときはランニングが筋トレなどの項目を設定すると、カレンダーに登録したスケジュールを分析して自動的に予定を設定してくれます。リマインドの機能もあり実行できなくて延期をした場合も自動的にスケジュール調整をしてくれるんです。

以下Googleカレンダーのゴール機能を実装したレックス・ガウリー氏のインタビュー記事を紹介しておきます。目標達成には欠かせないアプリだというがわかると思います。

機能の実装にあたり、学術研究結果を調べました。ランニングを日常に取り入れたいという目標を設定した人で、自然に目標を達成できる確率は30%にすぎません。これを改善する方法として、ランニングがいかにメリットがあるかを説明するよりも、ユーザーが週に何回ランニングするか、朝にするか、夜にするかなど、何らかの形でユーザー自身が目標にコミットしていくよう働きかけることで、達成率が90%に上がったという結果を見つけたのです。こうしたヒントから、ゴール機能の実装に至りました。(参照:CNET Japan)

2、習慣にしたいことをポイント制にして目標達成に近づける

自分ルールというアプリでは習慣化したい項目に対してポイントを設定し、アプリで管理していくものです。例えば早起きは3ポイント、筋トレ5ポイント、ランニング10ポイントといった具合です。自分の目標達成のためには1日何ポイント獲得すればいいのか考えます。ポイントを獲得していくのはゲームのようで楽しんでいたら気づいたら目標達成したいたなんてこともあるかもしれません。

◆目標達成を一気に加速させるアプリはこれだ!まとめ

目標達成を加速させるためには「目標設定を明確にすること」「良い習慣をつくること」この二点が大きなテーマになります。それをサポートするためにも今回紹介した目標達成のためのアプリはどれも役立つアプリですのでぜひ活用してください。

また、以前有名になった大谷選手の目標設定方法でマス目の付いた紙に書き出す方法も原田隆史さんの影響があることを知ってびっくりです。そんな一流企業やスポーツ選手が行列をつくってでも受けたい原田さんの目標達成のノウハウに少しでも触れるために「達成する人の法則(原田隆史)」を無料を無料でお渡しするキャンペーン中です。

▼目標達成には絶対に忘れてはいけないプロセスがあります
目標達成の秘訣の一つにちゃんとしたプロセスを踏むことが挙げられます。具体的にどんなプロセスが目標達成を簡単にするのかこちらの記事で紹介しています。