目標設定に悩む社会人にこっそり教える目標設定の具体例

社会人としての超えるべき山がいくつかあるとして、もしかしたら目標設定がその山だと感じている人もいると思います。

私もけっこう適当な人生を歩んできたので、社会人になって急に目標を立てろ!と言われても戸惑うばかりでした。

でも困ったことに同期の社会人は意外にスラスラ目標を決めてたりするので、自分は落ちぶれものなんじゃないのかとドギマギしたものです。

そんな社会人になって目標設定に困っていた私だからこそ教えられるノウハウもあると思います。具体例も豊富に盛り込んだかたちでわかりやすくお届けしますね。

◆社会人として目標を立てれない理由は?

最初に、なぜ自分は社会人として目標を立てるのが苦手だったのか振り返ってみます。できない理由から解決の糸口を見つけようってアプローチですね。

(1)一度で完璧な目標を考えようとしてしまう

これは自分の変に潔癖性な部分が影響しています。いや、普段はすごいズボラなんです。部屋も汚いし、出したものはしまわないのでいつも怒られます。

ただ、何か新しいことを始めようとしたりする時はどこから受け継いだのかわからない潔癖性ぐあいを発揮します。

新しいノートにした時、最初の文字がもの凄くキレイに使うのと感覚が似ています。だんだんと雑になっていくのも一緒です。

話を戻しましょう。この偏った潔癖性のせいで何が起きたかというと、最初から完璧な目標を作らなくてはいけないという考えでがんじがらめになってしまったんですね。

「この目標に決めてしまったら私の社会人生活の運命が決まる・・・」という深刻な感じで受けて止めていました。勝手な解釈って怖いですよね。

・一度決めた目標はどんどん変えてしまって構わない

もし過去の自分にアドバイスをするとしたら「一度決めた目標はどんどん変えてしまって大丈夫だよ」と言ってあげたいです。

一度決めた目標は絶対に変更できないという勘違いが自分を苦しめているってことを知って欲しいんですね。「あぁ、いつでも途中変更OKなんだ」と思った瞬間少しは気持ちがラクになると思いますよ。

(2)失敗することを極端に恐れてしまう

私も人間ですから、どうしても他人から良くみられたいという気持ちがあります。それが回り回って、失敗することを極端に恐れてしまうようになりました。

失敗を恐れるばかり、アグレッシブな目標が立てれなくなるんです。一方でこんな目標で良いのかなという不安な気持ちが出てきて結果的に社会人として目標を立てられなくなってしまったんです。

でも、そこには少し複雑な心の動きがあるのでそこに気づけると少しは軽やかに社会人としての目標設定ができるかもしれません。

・ほとんどの人は自分を良く見せたいと思っている

私を含めてほとんどの人たちは自分を良く見せるためだけに行動をとっているんじゃないのかなぁと思っています。同じ意味ですが、悪くみせることを避けるのが人間の行動原則といっても良いぐらいです。

違う言い方をするのであれば、人間は快楽を求めて行動し、痛みを避けるために行動するとも言えます。

社会人になって目標設定に限っていえば、私は周りの人たちから良く見られたくて目標設定をしていたように思います。

失敗をすれば悪くみられてしまうので、それは避けたい。そうすると比較的ラクな目標設定にしてしまうけど、ラクならラクで回りから文句を言われそう・・・そんな心の動きが目標を作ることを止めてしまっていたんですよね。

・良くみせようとしている自分に気づけると気持ちをコントロールできる

じゃあどすれば良いんですか?って質問が飛んで来そうですけど、気づければ良いんです。

ほとんどの人が知らず知らずのうちに自分を良くみせようとして、行動を起こせなかったり、不安になったり、恐怖で足をすくませたりするんです。

自分のことを良くみせようとする心の動きが原因なのかもしれない!って気づけた瞬間にもうそれは自分でコントロールできるんですよね。コントロールできるんですから、あとは自分の好きなようにしたら良いんです。

◆社会人のための目標設定具体例

次に社会人として目標の具体的な例が見えてくると、どんな目標設定をしていいかイメージがわくかもしれません。目標設定のコツと一緒にお伝えします。

【1】数字や切り口を工夫して目標を立てる

どうしても目標を立てるのが苦手・・・っていう社会人は自分の思考のクセを見つけて「あぁ自分は良く見られたいから動けなかったんだなぁ」としみじみ感じたら、数字や切り口を変えることで目標を具体化していきましょう。

(1)金額

一番スタンダードな目標の立て方はいつまでに売上いくらにするってパターンです。営業職など月売上の目標1000万円!みたいな目標が飛び交うわけですね。

(2)期限

仕事の中に期限が明確にあるような仕事は、その期限が目標になりえます。いつまでに終わらすのか、という期限を目標にするパターンですね。

(3)時間・期間

少し期限に似ていますが、スピードを目標に添える事もできますよね。どれぐらいの時間で何を終わらせるのか。どれぐらいの期間で何を終わらせるのか、比較的事務職員なんかで設定しやすい目標です。

(4)能力

例えば○○できるようになる!っていうのは立派な目標になりますよね。具体的に手に入れたい能力があれば、それを言語化して目標にしてしまいましょう。

(5)数・個数

数とか個数も目標になります。いつまでに○個作る!っていうのは十分な目標ですよね。期限をつけることでびっくりするぐらいの効果を発揮したりします。

(6)存在

例えばその人の在り方なんかも目標になります。今よりもっと優しくなる、今よりもっと尊敬される。何でも良いですが自分の存在に紐づく目標は人生に潤いを与えてくれます。

【2】第一線で活躍している人の目標例

最後にその世界の第一線で活躍している人の目標例を見ておきましょう。

・大谷翔平選手の目標例

メジャーリーグで大活躍の大谷選手が高校生の時に立てた目標シートはあまりにも有名ですよね。高校生の頃からこうやって具体的に目標設定をしているなんて、一流の人はやっぱ違います。

・目標設定が苦手な人は原田氏に学べ

ビジネスマンに対して目標設定ができれば必ず成功できるとは言わないけれど、目標設定はやっぱ大事なんです。

目標達成のカリスマである原田隆史さんは目標を正しく設定して、日々のジャーナル(日誌)を書く事でどんどん自分に自信が育まれ目標達成がしやすくなると言います。

目標設定が苦手でも良いんです。仕事に対して熱量が低いビジネスマンでも良いんです。少しでも現状から半歩でも前に進みたいという気持ちがあればそれだけで十分。そんな人たちには原田さんの伝えてくれるノウハウは劇薬なみに役立ちます。

最初におすすめしたいのは「達成する人の法則」という書籍です。原田さんの講演をまとめた本ですが、今なら無料で手に入ります。

ただ薄い本なので手応えが欲しいという人は次に「成功の教科書」という本がおすすめです。役立つノウハウをやる気の炎が燃え上がるのは間違いないので是非お読みください。

◆まとめ

目標設定に悩む社会人のために原因や具体例・ノウハウについてまとめさせてもらいました。目標を立てることにやる気が出ない、どうしても一歩踏み出せないって人はやり方やノウハウを知らないというよりも何か行動を起こさせない心理的な要因があると考えてみても良いと思います。

その原因が気づけた上ではじめて方法論に入っていけばスムーズに目標設定ができちゃうはずです。目標は決して自分を苦しめるものではなく、正しく設定すれば社会人生活に張りを与えるものになります。

ぜひ目標に扱われるのではなく、目標を活用して有意義な社会人ライフを手に入れてください。

▼社会人としての最大のストレスであるノルマについて、目標との違いを明確にしてみました。今、まさに会社の数字ややるべき事にがんじがらめでストレスフルな毎日を送っている方には「目標とノルマの違いを明確にして仕事のストレスから解放されよう!」の記事をご覧ください。