借金をして税金対策をするって一体どういうこと?

税金対策のために借金をする・・・ということはどういう事でしょうか?あくまでも個人の解釈ですが、本来税金対策とは大別すると次の二つかと考えています。「お金を使ってする税金対策」「お金を使わずにする税金対策」。借金をして税金対策ということは、「お金を使ってする税金対策」に当てはまるのでしょうか。今回はこの点について深堀していき理解を深めていきたいと思います。

ちなみに自分自身で税金対策(節税)を行うには、どうしても限界があります。税金のプロである税理士の方が秘密にしておきたい裏技を余すところなく教えてくれている情報がありますので、興味のある方は以下をご覧ください。

絶対節税の裏技
【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています
お申し込みはこちら

◆税金対策について大枠を理解

冒頭でご紹介した通り税金対策については大枠でふた通りの考え方があると思います。借金をして税金対策について考える前に概要をつかんでおきましょう。ちなみに、さらに個別具体的な税金対策のお話に関しては以下のページで紹介していますので参考にしてみてください。

スグ出来る!法人の税金対策完全網羅!
個人事業主が経費を最大限活用して税金対策をする方法

お金を使って税金対策をする方法

お金を使って税金対策をする方法についてはそのまんまですね。会社や事業の売り上げが大きくても、出て行くお金がたくさんで利益が少しであれば納める税金が少なくなるから税金対策になりますよねってロジックです。事業の将来を考えて来期に計画していた設備投資を今期前倒しで揃えてしまうとか、人材の募集をかけるとか、将来の売り上げに関わるものへ資金を使うことが王道です。事業に全く関係のない無駄なお金を使ってしまっても本末転倒ですよね。逆に税金を納めてでも個人だったり、会社に現金を残しておくことには価値があることを知っておいて下さい。

また、このお金を使って税金対策をするものでも、例えば返戻金のある生命保険に加入したり、経営セーフティ共済に加入することなどは一時的にお金が出て行くのでその瞬間は税金対策ができたように思えますがお金が戻って来た時に利益に加えられるので将来の利益の先送りとされます。計画的なお金の使い方が必要となる税金対策方法ですね。

お金を使わないで税金対策をする方法

税金対策のために新たにお金を使わないものもいくつかあります。例えば住居が賃貸であれば法人契約に切り替えることで社宅扱いにして一部を経費とすることが出来ます。配偶者への役員報酬の配分だったり、今の現状を工夫して税金が減る可能性があるわけですね。さらには税金のルールの中には、控除といってある条件を満たせば税金を減らせる特別ルールが適用されることもあります。時期によって変わりますがそうした優遇税制が適用できるのであれば利用していきましょう。

◆借金とは?

そもそも、借金をして税金対策という現象を理解するために、当たり前の事ですが借金について改めて確認しておきましょう。借金はお金を借りることですから、将来的に返さなくてはいけないお金ですね。

どんな時に借金をするの?

会社を経営していて、借金をするケースは資金繰りが上手くいかない時や、事業を拡大するために投資をする時です。たとえばコンサルティングというサービスを提供してお金が入金されるのが二ヶ月後という契約であれば入金するまでの経費はこちらが一時的に賄わなければいけないわけです。こうした時間差で売り上げが発生する事業で、かつ持ち出しの経費が大きいビジネスモデルは時々売り上げが入るまでの資金が足りなくなる時があります。その際に事業を運転していくために、一時的にお金を借りる、つまり借金してどうにかやりくりするわけですね。また、たとえば工場のラインを増やして生産を二倍にするとか売り上げをあげるために多額の資金を必要とする場合も借金をして準備をしたりしますよね。

どこから借金をするの?

基本的に企業が借金をしようとする時の候補としてはまず金融機関でしょうか。日本政策金融公庫や、民間の都市銀行や信用金庫、信用組合が候補に上がると思います。その他にも代表や役員などの個人から会社がお金を借金するようなケースもあったりします。

借金の返済金額は経費になるの?

よく勘違いしている人がいるのですが借金の返済金額は経費にはなりません。借金をして、その利子については経費になります。たとえば両親から100万円を借りて、毎月2万円の返済と利子の1000円を返していたとします。2万円は経費にできませんが、利子分の1000円なら経費になるってわけですね。

◆借金をして税金対策をする不思議

さて、ここで本題に戻していきましょう。借金をして税金対策するとはどういう事でしょうか。

借金をしてでも投資する何かがある

会社に利益が残れば税金を支払わなければいけないですし、利益がなければ税金を基本的には納めなくて大丈夫。では、どんな時に借金をしてでも・・・みたいな状況になるのでしょうか。普通に考えたら税金対策をするのは利益の出ている会社だったり個人事業主だと思うからです。お金を使う税金対策でもお伝えしましたが、事業の売り上げに紐づく将来の投資などを行う時にはそれを前倒しで実施するなどして税金対策になるとお伝えしました。それが、現在の利益以上のものであれば借金をして投資をしなければなりません。そういう意味で利益がなくなり結果として税金対策にはなりそうですね。

借金までして税金対策をする意味があるのか

ここで整理してみて気になるのが、税金対策を前提にお話をさせて頂いているので借金をして税金対策することに違和感があるわけですね。税金対策というからには、納める税金を少なくして現金を手元に残すことが目的だと思われるからです。必要な投資をして結果的に借金をする必要があるというもわかりますが、果たして借金をしてまで将来の事業に投資する必要は本当にあるのか事前に慎重に検討してもらいたいところです。将来の事業に投資ということはその時点では売上になっていないわけですから、この先数年かけて回収していかなければなりません。借金というリスクを背負ってその分回収できなければ最悪の場合倒産なんてこともありうるわけですね。だからこそ、税金対策のために借金を・・・と考えているのであれば今一度原点に立ち戻り検討を重ねていただきたいものです。その上で、借金をしてでも事業を拡大ということであれば突き進むといいでしょう。実際にソフトバンクの孫さんも2兆円借金をしてボーダフォンを買収し、スプリントでもさらに2兆円借金して事業を拡大させているわけですから。

◆借金をして税金対策をするって一体どういうこと?のまとめ

いかがでしたでしょうか。借金をして税金対策になるかといえば、もちろん納める税金は減りますが、経営的に考えると大きなリスクを背負うことになりそうです。

また、借金をした時の毎月の返済金が経費になると考えている人もいますが、それは間違いなので注意してください。あくまでの利子の部分だけが会社の経費として計上できるわけです。

普通のサラリーマンであればお金を借りるのはマイホームや自動車を購入する時ぐらいでしょうか。起業を経験した経営者は借金をしながらも事業を継続させていくプレッシャーと戦っているのかもしれないと考えると、改めてそうした人の支援を精一杯していきたいと思います。

こちらの記事もご覧ください。
株式会社設立をした後に上手に融資を受ける方法

【保存版】「絶対節税の裏技77」の口コミや評判を調査してみました

2018.03.04