株式投資をしている場合は年末に必ず税金対策すべし

私たちの払う税金は知れば知るほどたくさんの種類があることに愕然とします。税金対策といえば会社の経営者や個人事業主にだけ必要なものと思われがちですが、他にも税金対策を考えた方が良い人たちもいます。

今回は株(株式投資)をしている人たちが年末にすべき節税対策に関して、詳しく調べていこうと思います。

ちなみに自分自身で税金対策(節税)を行うには、どうしても限界があります。税金のプロである税理士の方が秘密にしておきたい裏技を余すところなく教えてくれている情報がありますので、興味のある方は以下をご覧ください。

絶対節税の裏技
【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています
お申し込みはこちら

◆株をしている人の税金の考え方

株をしている人、つまり株式投資をしている人たちも利益が出れば税金を納めないといけません。それでは、株をしている人たちはどのような計算をして税金を計算するのかについて、税金対策を考える前に見ていくことにしましょう。

出た利益の20%が課税

株をしている人は毎年1月から12月における利益について税金を計算します。税金を計算するのはもちろん確定申告なわけですね。年間の利益が20万円以下だったり、源泉徴収ありの口座を使っている場合は確定申告をする必要はありません。(源泉徴収ありの口座というのは、税金差し引かれた金額が手元に入ってくるので確定申告が必要ないというわけですね)。

普通に個人事業主やお給料をもらっている人の税金(所得税)は累進課税といって受け取る金額が増えればその分税率が上がりますが、株による利益にかかる税金は20%となります。1月から12月までに出た株の利益の20%というわけです。

「含み益」と「含み損」

確定申告をしなければいけない利益というのは、あくまでも株を現金にして受け取った利益ですから、まだ株の状態ではあるものの、買った時よりも利益が出ていることを「含み益」と言います。逆にまだ株の状態のままで、買った時よりも損失が出ていることを「含み損」と言います。

◆年末に税金対策のために株を売り買いする意味

株で利益を得た時の税金の考え方について説明させて頂きましたので、次に年末に株を売り買いする事がどう税金対策につながるのかを見ていきましょう。

年末に株で利益がある時に税金対策をする

株で1月から12月のトータルで利益が出ているようであれば確定申告をして税金を収める・・・というのは、これまで説明した通りです。株の売買による利益が出ている場合で、もし、含み損のある株式を持っている場合はそれを売却して利益と相殺することで納める税金を安くおさえることが出来るというわけです。

つまり1月から12月で利益が確定しそうな年末のタイミングで、100万円の株による利益が出ているとします。普通に確定申告すれば20万円の税金です。しかし年末までに含み損60万円のある株を売却すれば、その含み損を相殺して40万円の利益に対する20%ですから8万円の税金ですみますから、みごとに税金対策が出来るということになるわけです。これを損出しと言ったりもしますね。

年末に株で損失がある時に税金対策をする

では、年末に株式による売買で損失がある場合はどうでしょうか?利益が出ていないのであれば、納める税金も無いので確定申告をする必要はありませんが、確定申告をしておけば損失を3年間繰り越すことが出来ますので、今回出した損失を向こう3年間の間に出る利益と相殺することが出来ます。結果的に年末時点で損失が確定した場合でも確定申告をすることで税金対策になるわけです。

損失を3年間繰り越せるので、あまり行われませんが年末時点で損失がある場合に、含み益のある株を売却することでその利益と損失を相殺する事も可能です。それを益出しと言ったりもします。

◆年末に株を売買するタイミングには要注意

年末に株の利益が確定するタイミングで株の売買によって利益の調整をするには、売買するタイミングに注意が必要です。次にタイミングについて考えていきたいと思います。

売却した株を当日中に買い戻さない

株による利益が出ていて、含み損のある株を売却して税金対策を考えた時、その株が手放したくない場合は一度売却して損失を確定してから、買い戻すという流れになるかと思います。ただ、同じ日に売る→買うという行動を取ってしまうと税金対策としての効果が薄れてしまうので要注意です。

どういうことかというと、同じ日に売買してしまうと全ての含み損を計上することが出来なくなってしまうのです。まだわかりにくいですよね・・・具体的には元々1株100円で買ったものが、現在1株50円だったとします。これを売却すると50円の損になりますよね。それを当日中に買い戻すと50円で買い戻すことになるのですが、損益の計算の仕方が次のようになるのです。

何で当日中に株式会社を買い戻すと損になるの?

本来であれば昔、1株を100円で買って、今回50円で売って、その50円で1株買い戻すわけなので損は50円になるはずです。しかし当日中に買い戻すと最初に1株を50円で購入したと考えられてしまい、そうするとその時点で2株を150円で購入した(1株あたり75円で手に入れた)という考えになるようです。そこから1株だけを売ったという計算になるため、1株あたり25円の含み損の損出しにしかならないという事になるようです。ちょっと難しいので、年末に含み損を放出する時は当日に買い戻してはダメだという点だけは押さえておくようにしましょう。

つまり、税金対策のために株の含み損を利益と相殺しようと売却した株を買い戻す時には、翌日以降にしなければいけないということですね。

◆年末に株が売買されやすい理由

これまで年末の株の利益の状況によって、株を売買して税金対策をする方法についてお伝えさせて頂きました。株による利益がある場合には、含み損のある株を売却して利益を相殺して税金対策をしましょうというものです。ただ、税金対策のためだけでなくても、年末に株を売っておいた方が良い理由もあるようです。

年末年始は株式市場も連休に入るので株の売買はされません。株の市場がお休みの時に株価に悪い影響を与えるような出来事が起きてしまうことがリスクと考えられるからです。ですから年末には株を一旦売却して、ゆっくりお正月を迎えた方が安心、という考え方もあるようですね。

◆株式投資をしている場合は年末に必ず税金対策すべし、のまとめ

いかがでしたでしょうか。税金対策と言っても事業や会社での利益に対して行うだけではなく、年末にはこうした株の売買で受けた利益についても考えていかなくてはいけないのですね。全員が株をしているわけではないですが、資産運用において株式投資をするのは今ではある意味で当たり前となっているので、税金対策をする必要のある方は多いのではないでしょうか。

年末に行いたいサラリーマンの税金対策といえば、ふるさと納税ですよね。ふるさと納税の中でも一番活用する事が出来るお米を利用したふるさと納税についてまとめた「ふるさと納税でおすすめのお米を徹底調査」の記事をご覧下さい。

他にもサラリーマンが残業に関して注意しておきたい税金対策について、こちらの「サラリーマンが税金対策をする時に知っておきたい残業の秘密」を参考にしてみて下さい。

【保存版】「絶対節税の裏技77」の口コミや評判を調査してみました

2018.03.04