主婦が自宅で起業する時に知っておきたいビジネスアイデアとお金の事

起業と聞くと凄い才能を持った選ばれた人にしか出来ない、なんて思う人も多いかもしれません。でも実は、そこまでハードルを上げなくても良いんです。特に主婦の方が起業しようと思うなら、起業に関するハードルは少し下げた方が行動をしやすいのかもしれませんね。

起業のハードルを下げるって二つの段階があると考えていて、まずは何も世の中に無い物やサービスを考え出す必要は無くて既にあるビジネスや自分が好きな事でお金を稼ぐ感覚で良いよねって事。次に起業となると、たくさんのお金を投資して、たくさんの売上を出さないといけないストレスフルで大変な事というイメージがあるけど、まずはお小遣い程度から初めて徐々に出来る範囲で稼げる金額を上げていく事も立派な起業ですよって事です。自宅で出来る事をお小遣い程度の稼ぎから始めるのも全然OKなわけです。

そこで今回は主婦が起業をするために自宅で出来る起業の方法やアイデアをまとめてみました。

◆主婦が自宅で本当に自分がやりたい事を起業するマインドセット

まずは主婦が自分のやりたい事を起業するために、もしガチガチに固定観念で固められているのであれば、それを見直してみるのも必要かもしれないです。

やりたい事を仕事にする方法を本田健さんに聞いてみよう

主婦がやりたい事を仕事にするために、まずは頭の中をクリアにしてみて欲しいです。出来無い理由とか、失敗のイメージとか一旦横に置いてみて、湧いて来るやりたい事は、自分自身の起業の源泉になりうるはずです。やりたい事を仕事にする事について多数の書籍を書いているベストセラー作家の本田健さんが、同じような悩みに答えている動画がありましたので、まずは見ておきましょう。

Q.やりたい事が見つからずに焦っています。アドバイスをお願いします。

Q.将来的には現在行っているサイドビジネスを中心にしたいと考えていますが、まだ実力・自信がありません。今後どのように取り組んだ方が良いのでしょうか?

もし、主婦にして起業を考えていながら、自宅で起業なんて無理だーって思っている人ほど、本田健さんの動画や書籍は参考になるアイデアが紹介されているのでオススメです。

◆主婦が自宅で起業する仕事のアイデア

主婦の自宅起業案1:Webライター

まず主婦として起業を目指した時に一番ハードルが低いのはWebライターという道ではないでしょうか。簡単に言ってしまえば文章を書く仕事です。パソコンとインターネットに繋がる環境があれば簡単に始められるハードルの低さが魅力です。時間も場所も選ばない点は主婦にとっては嬉しい事づくし。稼げる金額は多くないですが、ゆくゆくはブログへと発展させたり、セールスライティングの技術を磨く事で、より大きな稼ぎへと発展させて主婦起業を実現させる入り口としてはオールマイティです。

・水原咲さんのウェブライティング講座

ウェブライティングの技術を身につけるために良い教材が無いか探したのですが、水原咲さんの動画によるライティング講座が価格と内容が抜群に良かったです。ライティングの技術だけでなく、具体的に仕事の取り方まで丁寧に教えてくれているのが良いです。

今どき主婦の稼ぎ方!在宅WEBライターとしてデビューしませんか?「水原咲のライティング講座」家事や育児のちょっとした合間に出来るお小遣い稼ぎの方法を具体的なノウハウを交えながらご提供します。

・ウェブセールスライティング習得ハンドブック

もっと自社の商品を売りたい、集客をしたい、売上を上げたい、この願望を叶えてくれるのがウェブセールスライティングという技術です。この技術をマスターすればサラリーマンの収入の10倍を稼ぐ事ができると言われています。本当でしょうか!?私は早速購入してみました。

→ウェブセールスライティング習得ハンドブック

主婦の自宅起業案2:ブログ

主婦が起業を考えるのであればブログもおすすめです。とにかく自分の好きなテーマで文章を書き続ける事ができれば必ず収益をあげる事ができるからです。簡単に楽してお金が稼げるとは言いませんが、自宅で行うビジネスとしては非常にオススメです。以下の記事でも詳細を紹介しています。

ネット初心者の主婦がブログで100万円稼ぐ起業の始め方

2018.05.13

主婦の自宅起業案3:転売・ネットショップ・せどり

これも主婦が自宅で起業をするなら理想的なビジネスかもしれないですね。ただ、転売なりネットショップやせどりについても、理想的な条件を満たしています。私も過去に中古本のせどりや、野球カードのせどりをやった事もあるのですが、ここら辺のビジネスはどうしても先に仕入れが発生してしまいます。また、売れるにはどこかで在庫として持たなくてはいけないのがネックですね。でも、しっかりとした教材などと出会う事ができれば主婦でも十分自宅で起業できるようになるのではないでしょうか。

主婦の自宅起業案4:カウンセラーやコーチやコンサルタント

最後に主婦が自宅起業で可能性があるビジネスはカウンセラーやコーチ、コンサルタントです。これは自分の知識や経験、能力を商品として提供する事です。今は色んな形でのカウンセラーやコートなどがいますので、自分のブランディングをしていく事も必要ですので、もしかしたら今回紹介した起業方法の中で一番難しいかもしれません。

◆自宅で主婦が起業する時の理想的な流れ

最後に自宅かどうかは別として主婦が起業する時に必ず抑えておかないといけないお金に関する事を、主に税金に関する手続きを中心に、きっとこうした方が良いのでは?という視点で紹介しておきますね。

税務署への届出は必ず出しておく

主婦が自宅で起業するのは恐らく個人事業主としてのスタートかと思います。個人事業主としてスタートするのであれば、売上が発生しているかどうかは別として「個人事業主の開業届」と「青色申告の承認申請書」の二つは必ず出しておいた方が良いと思います。実は人を雇ったり、事業の状況によっては他にも出しておいた方が良い届出もあるので税務署で直接状況を説明して指示を仰いだ方が安心だと思います。

・個人事業主の開業届

個人事業主が事業を始めましたという事を税務署にお知らせするための書類です。こちらを出しておく事で税務署から確定申告の案内とかが届くようになります。

・青色申告の承認申請書

青色申告とは、税務署への税金の申請方法の一つです。少し複雑な処理をしての申請になりますが、税務署としては青色申告で手続きをしてもらった方が事業のお金の状態がわかるので有難いんです。でも手間がかかるので、その分、青色申告をしてくれたら、税金のメリットを与えますよ、というルールがあるんですね。そのために、私は青色申告で確定申告しますよ!という届出の事です。これは一度出しておけば大丈夫なのですが、開業日から二ヶ月以内に出さないといけないので、開業届と一緒に出すことがほとんどです。

確定申告は必ず毎年行った方が良い

確定申告は、事業として立ち上げる目標があるのであれば毎年行った方が良いと思います。いくつか注意しておきたいポイントもあるので、以下で紹介しておきますね。ちなみに経理関係の処理は自動記帳の機能も秀逸で無料から利用する事の出来るこちらがオススメです。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

・売上を雑所得に入れるか事業所得にするかは悩みどころ

まずは確定申告する時に、主婦が自宅で起業した時に手に入れる売上はどのカテゴリーに入るかという点です。確定申告する時の売上の種類はいくつかあって、主婦が起業して手にする売上は雑所得か事業所得かのどちらかになると思います。雑所得の場合は、この後紹介する税金のメリットを享受できないのですが事業所得であれば赤字でも税金的なメリットがあります。ただ、お小遣い程度の稼ぎだと雑所得とみなされる可能性がありますが、あとは本人の決断次第かなーといった印象です。

・私なら事業にする意思が明確なら事業所得にして節税を考える

あくまで私ならどうするかという話ですが、主婦であっても起業するというぐらいですから、お小遣い程度を稼げれば良いというわけではないと思います。自宅で起業といえど、しっかりと事業として成り立つぐらいの気概でスタートするでしょうから、確定申告する時には事業所得として赤字でも申請をしておきます。青色申告であれば、赤字分は翌年以降3年間は繰り越せるので、たとえば翌年黒字になっても赤字の分を相殺して納める税金を抑える事ができるんです。スタートアップの事業が最初は赤字なのは当たり前で、ずーっと赤字ならおかしいですけど、赤字で良いやなんて気概で事業を始める人はいないと思いますので、私なら事業所得として申告するかなーといった感じです。あくまで自己責任ですけどね。

売上が一定の規模になったら法人成りを検討

売上が一定の規模になったら、個人事業主から会社にする事も検討する時期があるでしょう。節税のためだけに法人成りするのであれば、その事業内容や人員によって売上どれぐらいというのは難しいのですが、あくまで目安となる情報やメリット・デメリットは以下の記事でも紹介しているので参考にしてみて下さい。

個人事業主が株式会社設立する売上の目安はいくらぐらいでしょうか?

2017.01.17

◆主婦が自宅で起業する時に知っておきたいビジネスアイデアとお金の事、のまとめ

いかがでしたでしょうか。主婦が自宅で起業する事自体はそこまで難しくはありません。何によって起業するかにもよりますが、売上を得る事も実は正しい努力をして、ちゃんとした人からノウハウを教わりさえして、継続する力があれば誰にでも可能な時代になったんです。

そういう意味では自分のモチベーションの源泉である「何のために」は常に問いかける事は大切かもしれません。自分の仕事は誰を笑顔にしているのか、誰から必要とされているのか、何のためにやっているのか、ある意味で究極お問いかけですけれど起業をする以上は常に問い続けなければいけないテーマの一つだと思います。

ネット初心者の主婦がブログで100万円稼ぐ起業の始め方

2018.05.13

女性起業家必見!女性ならではの起業を成功させる完璧な方法

2017.11.23

共働き夫婦が扶養を最大限活用して税金対策する方法

2017.09.01