起業に失敗したらどうなる?その後の人生の対策を徹底検証

今は起業するのにリスクを取りやすい時代だと思います。国の動きを見ても起業家をどんどん輩出していこうという流れがあるし、インターネットや技術の進歩によって比較的簡単に自分のビジネスを持ちやすい環境になったのではないでしょうか。

とはいえ、今まで雇われていた人が急に何もかも捨てて起業する事はとても怖いです。起業に失敗したらその後どうなるのか検討もつか無いのではないかと思います。

そこで起業に失敗した人のその後について調べてみる事にしました。これから起業する人たちが少しでも失敗したその後の不安がよくわからないものではなく、対策のしようのあるどうにかなるものになればと願います。

◆起業に失敗した人たちのその後

起業に失敗した人たちは、それぞれの道を歩む事になります。調べていくと、いくつかのパターンに分けられそうですので、そちらを紹介したいと思います。

1、再就職して勤め人になる

起業に失敗した人がその後どうなるのかで多くのケースは再就職して会社に雇われる立場になるという点です。一般的に転職活動や再就職は若いほど有利になると言われています。また、景気が良いか悪いかも再就職には影響があります。そうした時代背景によっても、再就職という道を選ぶ元起業家が多いかどうかが決まってくるのかと思います。

起業家が事業に失敗をして再就職をする時に、どのように考えるべきなのか紹介した記事があります。こちらの「何歳でも安心!起業に失敗した人が再就職する方法」の記事をご覧下さい。

2、再度起業にチャレンジする

起業に失敗するという事は全てを失う事だという人も言います。一方では正解だとは思いますが、その一方で全てを失った上でそこからさらに一歩踏み出して起業をする猛者がいます。

同じ事業をする人もいれば、全く違う分野で成功する人もいます。ポイントはなぜ失敗してしまったのかを真剣に真正面から振り返り改善行動を取ることだと思います。他人や周りの環境は変えられないし、そこに失敗の原因を見出してしまうと起業は神頼みとなってしまいます。成功する起業家は失敗しても自分の中に原因を発見して、それを次の行動に活かすことのできる人なのではないでしょうか。

3、借金を背負って破産する

ある意味で最悪のシナリオですが起業に失敗した人がその後どうなったのかを知るにあたり、非常に重要な内容です。借金を背負って破産しないために、借金を背負って破産した時の事を考えておくわけです。

・起業家が事業に失敗をして破産をしてしまうのはなぜ?

個人事業主であれば借金の全責任は個人にあるけれど、会社であれば借金の責任は出資した範囲内というのが原則のルールです。ただ、会社で借金をする時には社長本人が連帯保証人になっている事も多く、結局のところ全責任を社長本人が負っているなんて事になるわけです。会社を清算して、自分も自己破産してみたいなのが、起業を失敗したひとのその後にたどる道の一つなわけです。

・会社の破産と一緒に自己破産もする

返済できないぐらいの多額の借金を背負いこんだ起業家は自己破産することになります。裁判所に申請して借金をチャラにしてもらう事です。ちゃんと法律で認められた制度ですので、起業失敗のその後の人生を借金で棒にふるようであれば自己破産も選択肢として頭の片隅に入れておかなければいけません。自己破産をすると、借金を出来ない現金生活をしなければいけなかったり、続けて自己破産をする事が出来なかったり、弁護士や税理士などの特定の職業につけなかったりなどの制限はありますが、経験者の話をまとめるといたって普通の生活をする事が可能とのことでした。

◆何をもって「起業に失敗した」とするのか?絶対に上手くいく方法を紹介

起業を失敗した人のその後を考えてみました。最後に一緒に見ていきたいのが、何を持って「失敗」とするのかについて一緒に考え直してみたいと思います。自分の中の定義が変われば起業に対する見え方も少し変化があるかもしれません。

自分の持っている失敗の定義について見つめ直してみる

皆さんは失敗とはどんなものだと思っていますか?辞書的な意味ではなくて、皆様が人生の中で経験・体験して来た中で自然と培われていった失敗のイメージです。言語化されていないかもしれなくて、あくまでも感情的なものかもしれません。

・誰もが失敗の捉え方を間違っているかもしれない

ある経営コンサルタントは人は何かを始める時にどこで諦めるのかを決めていると言います。そのコンサルタントの方は様々な経営者にインタビューした時に失敗の定義を聞いてみました。その時に、一人の経営者から失敗とな何かと聞かれ、「自分でやると決めた事があらゆる手法手段を使っても達成できなかった時です」と答えました。それに対する経営者の答えは驚くべきものでした。

・起業を始めた時に人はどこで諦めるのかを決めている

先ほどの経営者の答えとして「じゃあ、達成できなかったとしたら、もし営業活動をしているとして、その会社の人100人と名刺交換はしたんだよね?プレゼンは断られても1000回は行ったんだよね?」と言われたそうです。その方は一人の担当者とだけ名刺交換をして、数回プレゼンしたところで諦めていたそうです。数回行ってダメだったら諦めると自分で決めていたわけです。その経営者だったら、数回はあくまでもスタートラインでそこから何十回、何百回も挑戦していただろう。しかもただ繰り返すだけでなく、なぜダメだったのか原因を考えて改善を積み重ねていかなければならないと言います。

新しい失敗の定義・価値付けをしてみよう

さらに失敗に新しい定義や価値付けをできるかもしれない・・・という観点であるお話をご紹介出来ればと思います。

・失敗は凄く喜ばしい事

さらにその経営コンサルタントは他の経営者(研究者)からは、「失敗は喜ばしい事」といお話を聞きました。失敗するという事は、その方法では目的達成が間違っている事を周りが教えてくれている事に他ならないというのです。失敗をしたら、一つ間違った方法がわかり、それに対する改善が目的達成の道筋の選択肢を与えてくれるのです。失敗し続けていたら、やがて成功する方法しか残らないとその経営者は言うらしいのです。

・自分の中で失敗の新しい意味を再発見する

ここで紹介したお話はあくまでも理想論とか極端な例と受け取る人もいるかもしれません。ただ、現実に自分が失敗だと感じていた事を、別の人からすると失敗でないと思われる事があるのは、失敗に対する定義や価値観が違うからです。言葉の定義が起業家としての成功を左右するかもしれないと考える事が出来た時、自分の中で失敗の新しい意味や価値を再発見できるかもしれません。ポイントは誰かから押し付けられて自分の考えを変えるというよりも、自分が感じとって言葉の新しい定義や意味を発見するという事が大切です。

◆起業に失敗したらどうなる?その後の人生の対策を徹底検証、のまとめ

このように失敗したその後の起業家の人生を知っておく事によって、これから起業しようとする人たちによっては失敗のリスクや恐怖が少し軽減されるのではないかと思っています。起業する事は誰もが出来る事ではありません。荒野の中を一人、なんの保証も無いままリスクを恐れず勇気を奮い立たせて突き進む行為です。だからこそ、そうした挑戦をしている人たちの姿は周りに勇気を与えるのだと思います。なるべく一人でも多くの人が起業を成功に導けるように私も頑張りたいと思います。

起業をした人が失敗した、その後の人生で再就職を考えた時はどんな風なのかを調べてみました。こちらの「何歳でも安心!起業に失敗した人が再就職をする方法」の記事をご覧ください。