何歳でも安心!起業に失敗した人が再就職をする方法

起業に失敗したらどうなるのか?これから起業している人にとっては「失敗」の事なんか考えたくもないでしょう。

ただし、人によっては起業に失敗した時のリスクや、失敗からの立ち直り方を理解しておく事が安心につながり勇気を持って起業という道無き荒野を突き進む原動力になるという人もいるかもしれません。

「起業に失敗したらどうなるのか?」「起業に失敗したら再就職できるの?」「起業に失敗したら家族はどうなるの?」失敗について深堀して考え始めたらキリがありません。

そこでまずは起業に失敗したら再就職の可能性はあるのかどうか。安心してパワフルに起業活動をするためにも、何かあった時の事を一度足を止めて真剣に考えてみるのも良いかもしれないと思い調べてみました。

◆起業に失敗をしたら再就職は可能なのか?

起業に失敗をしたら再就職が可能かどうかで言えば再就職は可能です。仕事を選ばなければ求人で困っている企業はたくさんあるからです。ただし、それはきっと食べていくためだけの仕事。たとえ再就職できたとしても一生涯続けるに適した環境かどうかは宝くじを当てるぐらいの確率なのかもしれません。

一般的な再就職マーケットで勝負することになる

基本的に起業に失敗した人が再就職を目指すとしても何ら特別な事はありません。一般的な転職活動と同じ動きをするだけです。紹介会社や転職サイトに登録をして、目ぼしい企業に応募をして面接を受けて採用してもらう基本行動はこのようになるかと思います。

ポイントは年齢と専門能力

このように一般の再就職・転職マーケットにさられる起業に失敗した人たちは自分の再就職で働きたくもない仕事に就かないためにどうすれば良いのでしょうか。ポイントは年齢と専門能力です。

・もちろん年齢は若ければ若いほど有利

再就職をする時は年齢が一つのボーダーラインになります。採用企業側は募集背景によりますが採用する人材の条件は決まっています。同じ条件の人材がいれば若い人材を選ぶわけです。長く働いてくれる、体力がある、柔軟性がある、様々な観点で企業側は若い人の方が会社にとってメリットがあると考えるわけです。

・つぶしが効く資格や専門能力を持っているか

年齢が高くても自分の望む就職先を選べる人には資格や専門能力を持っている人が多いです。年齢を重ねているからこそ培われた専門能力が若くはないけど再就職に勝利するエッセンスなわけです。しかも、誰でも出来る事というよりも転職市場にその条件を満たす能力を持っている人が少ないような専門能力が当たり前ですが力を発揮してくれます。

◆起業に失敗した人が再就職を成功させるためのポイント

起業をしてからの経験の振り返り

まずは再就職活動に自分の過去の経験がどのように活きてくるのかを棚下す必要があります。起業の失敗を得たからこそ、再就職に有利に働く面を発見するのです。能力でも、人間関係でも、行動力や発想力でも何でも構いません。まずは起業をして、さらには失敗した自分だからこそアピール出来る部分を明確にするわけです。

従業員としての立場、組織の中の自分、という意識

会社員が向かないから、自分の自由にしたいから、という理由で起業した人には大変かもしれません。ただ起業しても失敗して、再就職という道を選ぶのであればきついと思いますが、改めて従業員として働くこと、組織の中で働くこと、という点を経営者視点で見直す必要があるかもしれません。会社経営者としてどんな従業員がいると有難いのか、会社の状況によって様々だとは思いますが、少しでも起業家として経営者としての景色を見た事のある人であれば出来ない事はないのではないでしょうか。

起業家マインドの持っている自分に合う会社を諦めない

起業に失敗したとはいえ、起業をして事業を経営したという誰もが経験出来るわけでない貴重な経験はメリットになると思います。ましてや、一般論として会社側は強いリーダーシップや、0から何かを創り上げる力、現状にイノベーションを起こす力、そのような人材を求めているのは確かです。また、現場に大きな裁量を持たせてどんどん大きな仕事を振っていく会社だってあります。これらはベンチャー企業に多いかもしれませんが、そうした元起業家にマッチしている会社がある事を信じて諦めないで再就職活動をするのが大きなポイントです。

◆何歳でも安心!起業に失敗した人が再就職をする方法、のまとめ

起業に失敗した時のことなんて考えて独立する人なんていないと思います。ただ、起業に失敗しても再就職や再チャレンジなど前向きに人生と向き合えるチャンスはいくらでもあるという事を知っておいて損はないと思います。

起業に失敗して借金まみれになっても命まで落とす事はないわけです。日本は社会保障が充実しているからこそ、最低限の生活は保障されています。中にはそこから這い上がるストーリーにふつふつとやる気の炎を燃え上がらせる人もいるかもしれません。起業に失敗して底辺の生活になってしまおうとも、生きている限りチャンスはいくらでもあるわけです。

今回は再就職という点にフォーカスしましたが、起業に失敗して借金を背負ってしまった人はどうなるのでしょうか。「徹底調査!果たして起業に失敗することは借金を背負うことになるのか?」の記事をご覧ください。