誰にでもわかる1円起業のメリットとデメリット

1円からでも会社を設立することができると1円起業が注目されました時期がありました。昔は会社を立ち上げることは非常にハードルの高いことだったんですね。たとえば株式会社を設立しようと思えば資本金が1,000万円必要だったり、取締役も複数人必要だったりと、気軽に会社設立しようというわけにはいかなかったんです。軽い気持ちで会社を立ち上げようという人はいないとは思いますが、お金がなかったり、立上げに協力してくれる人がいないことで、新しいビジネスチャンスの芽をつぶししてしまいかねません。そこで、法律が変わって1円からでも会社を立ち上げることができる1円起業が注目されたわけですね。

そこで今回は、誰にでもわかるようにこの1円起業のメリットとデメリットに関して詳しく見ていきたいと思います。

◆1円起業とは何が1円なのか

まず、1円起業と聞いてなにもかも1円で全てをスタートできると思ってしまいがちですよね。いろんなところで1円起業という言葉が出回って1円から起業ができる、1円から会社を立ち上げることができると勘違いされやすいのだと思われます。起業というのは、事業を起こすことです。そして1円というのは資本金が、今まで株式会社でいえば1,000万円必要だったものが1円からで立ち上げることが出来るようになったという意味です。ですので、すべてが1円でスタートできるかというと、ちょっと違うわけですね。1円の資本金で会社設立をすることができますが、会社設立するのにお金がかかりますし、事業を運営するのにもお金が必要ということですね。

◆資本金とは何か

ここでまず資本金とは何かを振り返っておきましょう。会社を立ち上げるには元手となるお金が必要です。株式会社でも、合同会社でも事業を運営するための元手となるお金を出資しないといけないんですね。それが資本金と呼ばれるものです。この資本金は、会社を立ち上げて債権者を保護する意味もあります。債権者とは、会社と取引がある会社でその会社に債権、つまりお金を払ってもらう権利を持っている人たちですね。会社に何か問題があったときに、この資本金でお金の問題の解決に充てられることも意図されてるわけですね。それが今では最低1円の資本金で会社を設立できるようになったことを含めて1円起業と表現しているのです。では、次に1円起業をするために、会社を設立するために必要な費用はどれぐらいなのかを見ていきましょう。

◆会社設立費用とは何か

1円起業ができるようになったとは言えども、会社の器を作るにはいくらぐらい必要なのでしょうか。そちらも確認しておきましょう。

株式会社の場合

株式会社を設立するのにかかるお金は、自分で設立した場合を考えると約24万2,000円です。内訳として、法務局に支払う登録免許税が15万円、公証役場で定款の認証にかかる手数料が5万2,000円、認証を受ける時に紙の定款に貼る印紙代として4万円が、株式会社設立の実費としてお考え下さい。定款の電子認証をすれば、印紙代の4万円はかからずに済みますが、電子認証の環境を個人で準備するのは割に合わないかもしれません。他に会社設立を代行してくれるところにお願いすると電子認証によって4万円安くなりますが、代行手数料が発生したりなど様々です。

合同会社の場合

合同会社とは新しい会社の形態ですね。イメージをざっくりつ伝えると、株式会社がお金を出資する人が分けられるのに対して、合同会社は出資をする人と経営する人が一緒でなくてはなりません。合同会社の場合は登録免許税が6万円だけでよく、公証役場で定款の認証を受ける必要も無いので、株式会社設立と比べると大分安く設立をすることが可能です。しかも会社の運営も株式会社よりも簡略にできるため、最近は合同会社による会社設立を選択する人も増えていますね。

◆1円起業のメリットとデメリット

ここまでで、1円起業とは会社の設立にかかる費用が1円なのではなく、資本金を1円からでも会社設立が出来るということをご理解いただけたかと思います。次には1円起業をすることによるメリットとデメリットを詳しく見ていきたいと思います。

1円起業のメリット

誰でも会社を立ち上げやすくなった

1円起業の一番のメリットは誰でも会社を立ち上げやすくなったことに尽きると思います。今まで資本金やら、取締役やらで、アイデアや情熱はあるのに会社を立ち上げられないことによってチャンスが与えらえなかった人にとっては1円起業出来るということは大きなメリットですよね。

1円起業のデメリット

1円起業だと資本金が1円なので会社の信用を得にくいかもしれない

資本金は会社の元手であると同時に、対外的にみて会社の信用の尺度にもなり得るということを忘れてはなりません。1円起業をするということは、資本金が1円とうことです。ある会社が取引きをしようと考えていて、同じモノやサービスを同じ価格で取引できる会社が資本金が1円の会社と資本金100万円だった場合、資本金100万円の方が安心感がありますよね。何もそれだけが全てではないのですが、この資本金の額が対外的な信用の尺度の一つなので、1円起業がその点でデメリットになるかもしれないことは知っておいた方がいいかもしれません。

1円起業だと資本金が1円なので融資を受けにくいかもしれない

もし、会社を立ち上げた後に融資を受けたいと考えているのであれば資本金も大きな要素になってきます。資本金が全てではないのですが、創業してスグの会社が融資を受ける場合には自己資金がどれぐらいあるのかが重要です。創業される方は会社で使用できるお金(自己資金)はだいたい資本金に入れていることが多いですが、1円起業については資本金1円でも別で事業用の資金を持っていれば問題はないかもしれません。ただ、その後通常の融資を受ける場合などは資本金だったり事業の健康状態をチェックするわけですので、資本金が少ない1円起業は多くの資本金を投入している会社よりも不利にならざるを得ない点がデメリットとなります。

◆誰にでもわかる1円起業のメリットとデメリット、のまとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでで、1円起業のメリットとデメリットをまとめさせて頂きました。一見するとデメリットの方がいいので、1円起業は大丈夫か?と思われがちですが、例えば取引する会社がすでに決まっている、資本金による信用を凌駕するぐらいの商品やサービスを提供できたり、資金繰りが良いので融資を受ける必要が無いなど、ある条件に当てはまるようなビジネスモデルであれば1円起業をすることで十分にメリットは享受できるとは思います。とはいえ、何もしらずにカンタンに始められるからという理由だけで1円起業に飛びついてしまうのは危険ですので、しっかりとメリットとデメリットを把握した上で準備をしたいものですね。

こちらの記事もご覧ください。
ベンチャー企業を始めるなら株式会社設立・合同会社設立・個人事業のどれがいい?