誰でもできる!1円起業を立ち上げて上手に軌道に乗せる方法

会社をつくる法律が変わりまして、誰でも比較的カンタンに会社設立をすることが出来るようになりました。同様の意味ではないですが、1円起業という言葉を聞いたことがありますか?1円からでも起業が出来るという意味で使われていますが、何もわからずに、何の準備もせずに1円起業をしようとすると多くの壁にぶち当たることもあるかもしれません。そこで、事前に1円起業を上手に軌道に乗せる方法について考えてみたいと思います。

今回は1円起業の設立の大まかな流れから、上手に軌道に乗せる方法を見ていくことにしましょう。

◆1円起業とはどういう事でしょうか?

まず、1円起業とは1円で会社設立の何もかもまかなえると思われがちですが、1円の資本金の会社をつくることを意味します。

ですから合同会社にしても、株式会社にしても、会社設立のために法務局に支払うお金や、公証役場に支払うお金が1円なわけではないので注意して下さいね。

◆具体的に1円起業で会社を立ち上げる方法

具体的に1円起業を立ち上げる方法については、基本的な流れは通常の株式会社設立や合同会社設立の流れと同じです。気をつける点としては、資本金が1円になりますので、その点だけ設立時には注意しておきたいところです。それぞれの1円起業の方法をそれぞれ見ておきましょう。

株式会社を1円起業する方法

株式会社を1円の資本金で設立する方法ですが、基本的な会社設立の流れは通常のケースと何ら変わりありません。資本金を1円で設定すればいいだけですね。

1円起業で株式会社設立をする方法の全体的なイメージ

①株式会社会社設立書類を作成する
②株式会社会社設立書類の該当箇所に押印をする
③公証役場で定款の認証をする
④資本金を振り込み、払込証明書をつくる
⑤これらの書類を法務局へ提出する

会社設立書類の資本金の項目を1円にしておく

まずは会社設立書類の中に出てくる資本金の項目は全て1円と記載しておきます。一株の金額も1円でないと対応できませんよね。つまり「一株1円で一株出資する株式会社をつくる」という手続きになります。定款の内容や、払込証明書など、資本金や株数の記載をする書類には全てそのように書いておいてください。

発起人の口座に1円の資本金を振込む

資本金の証明をするために、まだ法人の口座が出来上がっていないので発起人個人の口座に1円を振込ます。今回は発起人は一人だけですから自分の口座に入金するかたちでも大丈夫です。また、1円以上のお金を振り込んだり、入金してもそのうち1円を資本金に充てるという手続きにすることもできます。

まとめると、以下の点に注意して頂いておけば大丈夫です。

・一株は一円で設定しておく
・資本金は一円で証明書類を準備しておく

合同会社を1円起業する方法

合同会社も基本的には株式会社と同じように1円で会社設立書類を作って法務局へ手続きをすることになります。

合同会社を1円で設立する方法の全体的なイメージ

①合同会社設立の書類を作成する
②株式会社会社設立書類の該当箇所に押印をする
③出資を振り込み、払込証明書をつくる
④これらの書類を法務局へ提出する

基本的に株式会社の流れでいうところの、公証役場での認証の手続きが無いだけですね。その分少し早くに設立が可能です。あとは資本金を1円で手続きするための流れも一緒ですので、そちらに準じるようにして下さい。次に1円起業の方法をとって、失敗するパターンについて考えていきましょう。

◆1円起業をして失敗するパターン

1円起業はただ資本金1円の会社設立をすればいいと思っている人がいるかもしれないですが、それに紐づくネガティブな要素もくっついてきます。考えつくパターンを挙げさせてもらいますので、事前に知っているのと、知らないのとでは全然違うと思います。

1円起業をすると資本金の金額が少ないために新規取引の足かせになる

1円起業は資本金が1円ですので、対外的な信用という点で、足かせになりやすいかもしれません。新規取引を前提としている事業であればなおさら、資本金の少なさが影響があるかもしれませんね。というのも、取引先がしっかりとした会社であればあるほど与信管理がしっかりとしていて、資本金が1円ですと、その会社大丈夫?ということになるわけですね。もちろん、それが全てではないですが、1円で会社設立するさいの影響力についてはよく考えておいた方が良いかと思います。

1円起業をすると資本金が少ないので、採用に影響が出る可能性がある

事業を大きくするには、いずれは人を採用しないといけなくなるかもしれません。これも対外的な信用力という点に関わるのですが、極端な話ですが同じ仕事内容・同じ給料・同じ待遇、違うのは資本金だけという状況でどちらの会社に行くか悩んだ場合、資本金の大きな会社を選びますよね。それが全てではないですが、採用にも影響があるかもしれません。

1円起業をすると融資を受けれない場合も出てくる可能性がある

融資についても、1円の資本金だと不利に働くことがあります。創業時の融資は、自己資金が大切な要件になっています。実質的に融資を受けたい金額の半分から3分の1ぐらいは自己資金として持っておきたいところです。別で現金として持っているお金を自己資金として認められれば問題ないのですが、資本金が少ないことにより融資への影響があることは知っておいた方がいいでしょう。

1円起業をすると資金繰りがうまく回らない可能性がある

会社設立をすると、最初の売上が入るまでの間、出ていく経費は資本金からまかなう事になります。1円起業の方法をとって会社設立すると、資金が無いですから売上が入る前にお金を使いたい時は、どこから借りるか、社長自身が立て替えなければなりません。その資金も無いとなると、事業が回らないわけですから、会社を運営できないということにもなりかねないわけですね。ですから、1円起業による会社設立をする場合には、資金繰りには一番に気を付けなければなりません。

◆1円起業を軌道に乗せるための具体的な方法

事業をスタートする準備がすでに出来ている

やはり1円起業のリスクで一番対策を立てたいのが会社の信頼と、資金繰りについてです。たとえば見込みの取引先がすでにあり、そこまで急拡大して事業展開する必要が無い場合、しっかりと前段階での契約書を取り交わしておくなどはあると良いと思います。また、前金でモノやサービスを提供できる仕組みだと資金繰りに悪影響はほとんど無いですよね。1円起業を検討するのであれば、それにかかるリスクを全部洗い出し、すべて払しょくできるぐらいの方法を準備しておく必要があるでしょう。

やると決めたことを最後までやり抜くと決断する

本当に自分が、心の底からやりたいと思うことであれば、最後までやり抜くという決断をすることができると思います。ある経営者が言っていました。「限界は自分の心で決めている」と、さらに「やめないと決めた瞬間から周囲の批判がアドバイスに聞こえなくなった」とも言っていました。つまり、1円起業に限らず、独立をするということは今まで体験しなかったような様々な困難が待ち受けているかもしれません。それは事業に関することかもしれないですし、プライベートなことかもしれないです。その時に、やると決めたことを最後までやり抜くと決断していなければ、途中で色んな言い訳が出てきて、辞める理由ばかり見えてしますでしょう。本当に心からの決断ができれば、やる理由しか見えてこないはずです。

◆1円起業を上手に軌道に乗せる方法、のまとめ

いかがでしたでしょうか。1円起業のリスクを知っておけば、会社設立をする前にそれを払しょくする方法を準備をすれば良いだけですね。ただ、全ての準備が完全な状態で進めることは稀です。むしろ、考えつくリスクを全部解決できるぐらい準備をしていたら準備だけで一生を終えてしまいかねませんね。だからこそ、やると決めて事業を始めるバランスも必要なのだと思います。その時に、絶対にやり抜くという決断こそが非常に大切になってきます。「準備をすること」「やり抜くと決断すること」この二つをバランスよく内に秘め、事業という大海に漕ぎ出してもらえればと思います。

こちらの記事もご覧ください。
誰にでもわかる!1円起業のメリットとデメリット