BLUE GIANT2巻から学ぶ「納得する力」

超おもしろいJAZZ漫画のBLUE GIANT(ブルージャイアント)は起業や会社経営のヒントも満載です。2巻では主人公の宮本大がさらに飛躍するきっかけとなる物語となっています。仕事を頑張るサラリーマンも、これから起業を目指す方も、すでに会社を経営している人もぜひ読んで欲しいマンガです。

ちなみにBLUE GIANTの1巻から学ぶ起業のヒントについては以下の記事をご覧ください。

BLUE GIANT(ブルージャイアント)1巻の解説

◆BLUE GIANT(ブルー・ジャイアント)について

BLUE GIANT(ブルー・ジャイアント)第2巻のコンテンツ

第9話:夏祭り
第10話:OCEAN OF DIAMONDS
第11話:EVERY TIME WE SAY GOODBYE
第12話:ROUND ABOUT MIDNIGHT
第13話:CONFIRMATION
第14話:ALONE TOGETHER
第15話:I KNOW
第16話:STRONG MAN

作者:石塚真一

作者の石塚真一は1971年生まれで茨城県出身。あの有名な山岳救助を題材にしたマンガ『岳 みんなの山』の作者でもあります。中学生時代はブラスバンド部に所属し大学の時はバンドをやっていたと言います。22歳から27歳まで米国に留学し帰国後社会人を経て漫画家デビューしました。

岳では2008年第一回マンガ大賞を受賞し、続けて2009年に第54回小学館漫画賞一般向け部門を受賞、2012年には第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しました。石塚真一氏が学生時代にアメリカのサンノゼ州立大学在学中にロッククライミングの虜になり、帰国後その経験を元に『岳』を描き始めたと言います。

本作の『BLUE GIANT(ブルー・ジャイアント)』は2013年にビックコミックにて連載スタート。2015年にはJAZZ JAPAN AWARD特別賞を受賞します。そして2017年に第62回小学館漫画賞一般向け部門を受賞し、同年第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞します。

◆BLUE GIANT(ブルー・ジャイアント)2巻のあらすじ(ネタバレ)

・サックスの師匠となる由井(ゆい)との出会い

BLUE GIANT2巻では宮本大の師匠となる由井(ゆい)と出会います。最初の印象は最悪。由井は路上パフォーマーに酒に酔って悪絡みしているところを宮本大が止めに入ります。「下手くそ!」罵る由井、それに対して宮本大は「下手くそから始まるのが音楽なんじゃないすか?」と反論します。結局、由井はこの時のことを覚えていないんですけどね。

その後に宮本大が初めてライブをしたジャズバーである「バード」の店長川西さんが訪ねてきます。宮本大の演奏に何かを感じた川西さんが由井と引き合わせてくれたのです。今まで自己流で吹いてきたサックスに技術が加わりこの出会いから成長が加速していきます。

・気持ち・・・感情の全部を・・・音で言えるんです

世界一のジャズプレイヤーは「気持ち・・・感情の全部を・・・音で言えるんです。」これは由井に向けて宮本大の語る世界一のプロジャズプレイヤーになりたい理由です。

師匠である由井の元に毎日のように通い宮本大は技術を学んでいきます。そこで由井がサックスの演奏を披露することになるわけですが、当然のことながら圧倒的に上手い。宮本大も興奮するほど由井はサックス上手いんです。でも「これじゃ全然ダメだ」と由井は言います。宮本大の技術的には未熟な演奏を聞いてジャズバーの店長が涙を流す、でも由井の演奏では泣かない。上手い演奏と、相手が感動して涙を流して震える演奏は違うと言うのです。

・JAZZへ突き進むことを後押しした兄との固い絆

7年半前。宮本大が10歳の頃に母親が亡くなる。兄は高校を卒業するとすぐ働きに出て初任給で弟である大と妹にご飯をご馳走します。そして好きなものを買ってあげると言います。でも大はそれを拒否。弟と妹に初任給で好きなものを買ってあげたいのに、大はそれを拒否し続けます。お互いにお互いの事を想うからこそ出るこの気持ちのすれ違いは泣かせます。

ある日、大はJAZZにのめり込みサックスを吹いてみたいと話をします。自分でお金を貯めてサックスを買うんだとも。それを聞いた兄は、たぶんそんなに多くでないであろう給与の中から36回払いのローンでサックスをプレゼントします。普通はそんな事できないけど、母親を亡くした時に長男である兄が「俺たちはゼッテー大丈夫」と口にしたことを有言実行している姿にみえます。

◆BLUE GIANT(ブルー・ジャイアント)2巻から学ぶ「納得する行動」の力

・最後までやり切れば結果がどうでも納得できる

BLUE GIANTの2巻では宮本大が想いを寄せる美輪舞が登場します。宮本大は昔、勇気を振り絞って美輪をデートに誘います。結果はあえなく撃沈でしたが宮本の顔は笑っていました。師匠の由井が路上パフォーマーに絡んでいるのを止めた時も、「ちょ〜怖かったべや〜」と言いながらその顔はビビるというよりも、自分が正しいと想うことをやりきったという良い笑顔をします。

宮本大の場合は自分が正しいと感じる事を素直に挑戦して外からみれば結果は失敗のように見えても、その失敗に後悔とか無念とか感じさせません。やり切ったことにある種、気持ち良さ、ハツラツさすら感じているようです。ここで学ぶべきは自分が正しいと想う事をやり切る。結果がどうでも、やり切った事に納得できるように全力を尽くすことが重要ではないかと感じさせてくれます。

・みんなヘタクソから始まる

「下手くそから始まるのが音楽なんじゃないすか?」「みんな・・・下手くそから始まるんだ」「音が出ないとこから始まって・・・一つずつ音が出せるようになって・・・」「けど・・・ヘタだから・・・ヘタクソだから練習して・・・そしていつの日か誰かの気持ちに届く音を出す」「この人たちの音楽に救われる日はこないと、どうして言えるんですか?」「ヘタクソで何が悪いんですか」

宮本大が、路上パフォーマーに対して暴言を吐く由井に反論したシーンです。生まれながらに完璧にできる天才はこの世にはいません。どんなに素晴らしい技術を持った人でもヘタクソからスタートしているというのが宮本大の持論です。今の自分と、目指すゴールの果てし無いギャップに気が遠くなりそうな時もありますが、全ての人が通った道だと想うだけで少しばかり勇気が湧いてきます。

・言葉と行動が人に影響力を与える

夏休み、玉田、ヒトシに輝(テル)にタイゾーは大学受験組みで予備校に通う。宮本大はいつもの様に河原でサックスの練習。久しぶりに宮本大の部屋でみんながたまるんですが個人的にはこの青春感が好きです。そして宮本大、玉田、タイゾーが買い出しに外へ出ます。

受験受かるかどうか自信のないタイゾーは受験が怖いと胸の内をさらします。大は「行くべ!行けるべ!」と力づける。玉田に軽々しくそんなことを口にするなと言われますが大は「タイゾーなら、行けるべぇ・・・」としみじみと口にするんです。そしてプロのジャズプレイヤーになるという自分の夢も共有する。生まれた時からジャズプレイヤーだった人は誰もいないからこそ、プロのジャズプレイヤーになれるって根拠は自分で作るんだと言います。

自分がなりたい自分になる根拠は、自分で作る。大にとってそれは毎日の河原での練習だったり、由井に師事をあおぐこと。その一番最初の土台になっているのはこのような自分に対してゆるぎない自信を培っていくことなのだと思います。

心理学ではこれをアファメーションと言ったりします。自分が本当にそうなるように暗示をかける技術です。

この後、タイゾーは大がサックスを練習する音を聞いては、自分を奮い立たせます。宮本大の嘘偽りの無い言葉と、夢に向けての行動が彼の周りの人たちをその人自身の目標へ駆り立てています。大はタイゾーに受験勉強やれ!とは言っていません。タイゾーならできる、オレはこれをやる。しか言っていません。でもタイゾーに対して行動を掻き立てた。これが言葉と行動の力なんですよね。

◆BLUE GIANT2巻から学ぶ「納得する力」まとめ

今回はBLUE GIANT2巻を詳しく見ていきました。引き続き、宮本大のまっすぐで曇りのないキャラクターが際立っていました。BLUE GIANT1巻の紹介を読みたい人は以下の記事をご覧ください。

BLUE GIANT(ブルージャイアント)1巻の解説

▼20代の女性が幸せに起業するにはどんな点を注意すれば良い?
今の起業ブームの中で20代女性も積極的に起業しようなんて方もいらっしゃいます。そんな女性のために「20代女性の幸せな起業のはじめ方」を記事でまとめてみました。ご覧ください。