【完全版】一人だけで株式会社設立をする時のメリットとデメリット

今は昔と比べて簡単に会社をつくることが出来るようになりました。1円からでも株式会社設立することが出来ますし、一人だけでも株式会社設立することができるようになったのは、近い将来会社設立を考えている人にはありがたい事です。

とはいえ、一人で株式会社設立をする事にどんなメリットがあるのでしょうか。逆にデメリットもあるのかもしれません。今回は一人で株式会社設立をする場合のメリットとデメリットについて整理していきたいと思います。ちなみに一人で合同会社を設立する時おポイントはコチラですので合わせてご覧くださいね。

◆まずは個人事業主と株式会社の違いをチェック!

ごはんつぶ
一人で株式会社設立することの良さを語ってもらう前に、ほら個人事業主との違いについて教えてよ!

そうですね!それじゃあ、個人事業主の場合と株式会社設立をする場合とのメリット・デメリットをおさらいしていきましょう。

個人事業主のメリットについて整理(株式会社設立のデメリット)

個人事業主で事業を始めるメリット

1、最小限のリスクで事業をスタートできる
2、税金を納める金額も少なくて済む

1、個人事業主のメリットはリスクと手間を最小限に事業スタート出来る事

株式会社の設立は手続きするのに20万円から30万円ぐらいのお金が必要で書類作成も複雑ですし、会社をやめるのにも何十万円ものお金がかかります。それに比べて個人事業主であれば手続きの費用は0円ですし、届出を数枚出して終わりです。やめるのも紙切れ一枚出すだけ。

2、利益が出てい無い時は無駄に税金を支払う必要が無い

株式会社設立をしてしまうと、利益が出ていなくても(赤字でも)納めないといけない税金があります。法人住民税というものが最低でも約7万円必要なのですが、個人事業主は利益が出ていなければ税金は発生しません。無駄に税金を払わなくても良いわけです。

ごはんつぶ
なるほどー!思いつきで突っ走っちゃう人ほど、いきなり会社設立しようとしがちだけど、ちゃんと個人事業主として上手くいくかどうかの実験をする事も大切なんだね。

そうですね、できれば個人事業主でスタートして軌道に乗ってから株式会社設立とかを検討する方が、個人的には良い気がするんですよね。

ごはんつぶ
そうすると、会社設立することメリットはどんな事があるのさ

株式会社設立して事業を始めるメリット(個人事業主のデメリット)

株式会社設立で事業を始めるメリット

1、信頼を得やすい
2、株式会社設立した方が税金が安い場合がある

1、株式会社設立した方が信頼を得やすい可能性がある

対外的に個人事業主より株式会社設立した方が信頼を得やすいというのは、どうしてもあります。例えば大手企業と取引をする時は、個人事業主だとダメとしてる会社すらもあります。新規営業する時や、人材採用する時は、会社の方がメリットがあるなーという場面に出くわす事が多いですね。

2、株式会社設立した方が節税になる場合がある

個人事業主の方が法人住民税7万円かからないというお話をしましたが、売上の大きさによっては株式会社設立をした方が節税になる場合もあります。どれぐらいの売上高で節税になるのか気になる方はこちらの記事も合わせてご覧ください。あとは株式会社設立すると最初の二年間は消費税を納める事を免除されるので、その点も節税につながると言えますね。

◆一人で株式会社設立をする時のメリットとデメリット

ごはんつぶ
オッケー!個人事業主と法人については理解できましたよー!じゃあ本題いきましょう!

そうですね、今回のテーマの本題に入っていきましょう。株式会社を一人で設立する時の具体的なメリットとしてどんなものがあるのでしょうか?

一人で株式会社設立するメリット

一人で株式会社設立するメリット

1、全部自分で自由に決める事ができる
2、働く時間も自分が思うがまま
3、他の誰かの面倒を見なくて済む
4、残りのメリットは複数で株式会社設立する時と一緒

1、全部自分で自由に決める事ができる

複数の株主がいたり、取締役が複数いたりすると、何を決めるにしても株主総会や取締役同士で決めていかないといけません。それに引き換え一人で株式会社を設立すれば取締役は自分一人だけですし、株主も自分一人だけですから株主総会も一人でやって全部自分で自由に株式会社をコントロールできる事になります。

2、働く時間も自分の思うがまま

たった一人で株式会社設立をしたわけですから、その会社を運営するのは自分一人だけですよね。いつ出社して、いつまで仕事するのかは全部自分の裁量に委ねられます。誰から何か言われるわけではないので、ある意味で自分を律する力は大事かもしれませんね。

3、他の誰かの面倒を見なくて済む

従業員がいたりすると、その従業員さらには従業員の家族にまで責任があるなーっと思ってしまいます。一人で株式会社設立をすれば、自分の面倒だけを見れば済みますので、無駄な責任を負う必要はありません。

4、残りのメリットは複数で株式会社設立する時と一緒

残りのメリットは一人で株式会社設立するからというわけではなく、複数の人と株式会社設立した時のメリットと同じです。「節税になる可能性がある」「対外的な信頼を担保できる」といった内容です。

株式会社設立するメリット(複数人で株式会社設立する場合と同じ点)

(1)節税になる可能性がある
個人事業主の時と比べある程度、売上が発生する場合は株式会社設立をして代表取締役として役員報酬を受け取った方が結果的に納める税金を抑え、節税になる可能性が高いです。

(2)対外的な信頼を担保できる
新規取引などをする時は個人事業主よりも株式会社設立した方が信頼できるという場合があります。

ごはんつぶ
この調子で次は一人で株式会社設立のデメリットへいきまっしょい!

一人で株式会社設立をするデメリット

一人で株式会社設立するデメリット

1、新規開拓に限界があるかもしれない
2、代表取締役に何かあった時のリスク回避が難しい
3、自分の弱い部分を解決できない
4、自分を律する事ができないかもしれない

1、人間関係に紐づく新規開拓に限界があるかもしれない

会社経営を始めて、スタートダッシュが上手くいく経営者は準備がしっかりと出来ている場合です。特に一番最初の仕事は人間関係で生まれる事が多いと感じます。すると、一人だけの人間関係よりも、株主や取締役として直接会社に関わる人数が多いほど新規開拓のチャンスは多いのではないでしょうか。

2、一人だけの代表取締役に何かあった時のリスク回避が難しい

一人だけで株式会社設立した状態だと、代表取締役に何かあった時の対策が難しい場合があります。何かあるとは、死亡してしまった時、病気による長期入院、他にも冤罪で長期間拘束されるような事案が発生する場合ですね。

3、自分の弱い部分を解決できない

最初から完璧な経営者はいません。足り無い部分を一緒に働く人たちで補い合って、チームだからこそ達成出来る大きな成果があるかもしれません。一人だけだと、そうした自分では解決出来無い部分は補いきれないかもしれません。ただ、この点は外部のパートナーと協力しあう事で十分解決出来る課題であるとも言えます。

4、自分を律する事が難しいかもしれない

一人で株式会社設立した後の会社の運営は代表取締役の自由になります。いつ出社して、仕事をいつ終わらせて、何をするのかさえも、複数で会社経営している時とは別に代表取締役次第です。人間はそのままでいると楽な方向に流れてしまうと考えると一人で株式会社設立した場合は自分を律し続けなければなりません。

自分を律する一番簡単な方法は目標を決めて、その目標を達成し続ける事です。今メジャーで活躍している大谷選手も取り入れて、ユニクロの柳井さにゃ大前研一さんも絶賛しているのが原田隆史先生の目標達成ノウハウです。今なら原田先生の「目標達成の技術」という書籍が無料で手に入ります。

5、残りのデメリットは複数で株式会社設立する場合と一緒

その他の一人で株式会社設立するデメリットは、複数の人と株式会社設立する時のデメリットと同じです。「社会保険に加入しなければならなく社会保険料が高くつく」「経理・会計処理が複雑になる」「税理士などに依頼する費用がかかる」「利益が出ていなくても納める法人住民税がある」などです。

株式会社設立するデメリット(複数人で株式会社設立する場合と同じ点)

(1)社会保険料が高い
一人で株式会社設立したとしても、役員報酬を受け取るのであれば必ず社会保険に加入しないといけません。個人事業主の時は国民健康保険と国民年金なのですが、これが社会保険になると一気に負担が大きくなってしまいます。

(2)経理・会計処理が複雑になる
個人事業主の時は確定申告は自分でできたかもしれませんが、一人だけであっても株式会社設立をすると、どうしても経理や会計処理は難しくなります。対応できるような人を雇わないといけないかもしれないですし、外部にお願いしないといけないかもしれません。

(3)税理士などに依頼する費用がかかる
経理・会計処理が複雑になるという流れから専門スタッフを雇ったり、税理士などの専門家にお願いするにしても費用がかかります。

(4)利益が出ていなくても法人住民税がかかる
個人事業主の場合は利益が出ていなければ税金は発生しないですが、これが会社になると利益が出ていなくても法人住民税という税金を払わないといけなくなります。

◆一人で株式会社を設立する時に注意したい事

最後に、今まで紹介した以外に一人で株式会社設立する時の注意点があるので、これから一人で株式会社設立するって時には参考にしてください。

こちらのマンガも会社設立をわかりやすく教えてくれます。今の時代は会社設立もマンガで学ぶ時代ですね。

一人で株式会社設立する時の注意点

(1)一人だけの株式会社でも社会保険に加入しないといけない
(2)一人で株式会社設立した時の役員報酬の注意点
(3)経理や会計処理の事務作業を工夫して生産性を上げる

(1)一人で株式会社設立した時の社会保険の注意点

一人だけで株式会社を設立した場合でも法人であれば必ず社会保険に加入しなければなりません。ただし、代表取締役に対する役員報酬の扱いによって社会保険の加入・非加入が決まりますので、整理しておきましょう。

・一人しかいない代表取締役に役員報酬を支払う場合は社会保険加入

もし代表取締役に役員報酬を少しでも支払うのであれば、社会保険に加入をしなければなりません。負担は大きくなってしまいますが、老後に受けれる保障は社会保険に加入していない人と比べたら厚いはずです。管轄の年金事務所で手続きを踏みます。

・一人しかいない代表取締役に役員報酬を支払わない場合は社会保険加入しない

代表取締役の役員報酬が0円であれば社会保険には加入する必要はありません。会社設立した当初は売上が安定するかどうかわからないので、初年度役員報酬を0円にする代表取締役も少なくありません。

また、副業や兼業として行っている人は奥さんを代表取締役にする人もいます。会社員として働く自分の扶養家族内に奥さんを入れておきたい場合は130万円以内の役員報酬に納めておくといった場合には、管轄の年金事務所で判断が微妙なところですので、事前に電話等で確認して対応するようにして下さい。

(2)一人で株式会社設立した時の役員報酬の注意点

一人で株式会社設立した時の役員報酬の考え方が大事です。というのも役員報酬の金額によって変化する所得税は、役員報酬の金額が大きくなればなるほど所得税率も高くなります。

・役員報酬は1年間変更する事ができない

一人だけの代表取締役だとしても、役員報酬については普通のルールが適用されます。つまり、一度決めた役員報酬は1年間変える事ができないのです。

・1年間の利益を予測してその全てを役員報酬にする時の注意点

役員報酬は一度決めたら1年間変える事ができない。という事は、その1年間の売上や利益を予測して、適正な役員報酬を設定しないといけないのです。役員報酬を多めに設定して、もし払えないとしても設定した役員報酬を支払ったものとして所得税も社会保険料も設定されるので注意が必要です。

・社会保険料の兼ね合いを考えて役員報酬を決める

今の時代は社会保険料・所得税が高くなり、逆に法人税が低くなっていますので、会社の利益がたくさん出たという前提ですが、役員報酬を大きくしすぎれば社会保険料と所得税はたくさん取られてしまいます。そう考えると、法人税を払ってでも会社にお金を残しておいて、役員報酬はバランス考えて設定するような戦略的な方法は専門家と相談しながら進めた方が良いですね。

(3)経理や会計処理の事務作業を工夫して生産性を上げる

一人で株式会社設立するという事は、会社関わる作業は全て自分一人でやらなくてはいけないわけです。特に毎月の経理処理や会計処理は専門家にお願いする事も大切なのですが、最近はクラウド型の会計ソフトの技術が爆発的に上がっていて、日々の作業は専門家にお願いするまでもなく自分で簡単にできるぐらいのレベルになっています。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

freeeであれば例えば売上であれば入金される銀行とつなげれば自動的に入力されるし、クレジットカードも支払いも同じく自動的に入力、それ以外もレシートを写真で撮れば自動的に経費に入れてくれる優れものです。今なら無料で使えるので、来たるべき日のために今のうちから利用すると良いと思います。もちろん会社だけでなく個人事業主でも使えます。

◆一人で株式会社を設立するメリット、のまとめ

いかがでしたでしょうか。一人で株式会社を設立する人はこれから増えていくと思いますし、一人で対応でいるビジネスモデルもたくさん出てくると思います。

そんな時に一人で株式会社設立するメリットとデメリットをしっかりと理解した上で手続きを進め、想定される問題やリスクは事前に対策を取っておくのが大切です。特に頭を悩ませるのはきっと役員報酬の設定と、事務作業をどうやって効率化させるかだと思いますので、今回の記事を参考にしてもらえればと思います。

即実践!役員報酬の設定で税金対策する方法

2017.09.11

株式会社設立後の給与や役員報酬に関して注意したい〇〇のこと

2017.01.25

最も安く設立できる方法はどれ?株式会社設立に必要な金額が丸わかり!

2017.11.12