株式会社設立後に行う経理の流れとポイント

無事に株式会社設立が出来た後、次に心配になるのが日々の経理業務ですよね。法人の場合、日々の経理やら、決算の申告は個人事業の場合よりも細く複雑になります。そこで今回は株式会社設立後の経理に関して、どんな点に気をつけて、どういう風に進めればいいのかを考えていければと思います。

◆株式会社設立後の経理

株式会社設立後に行う経理の流れについて

それでは、まずは株式会社設立後の経理について簡単に流れだけでもつかんでいきましょう。もちろん業種・業態によって様々なのですが、イメージをざっくりとでもつかんでおいてもらえればと思います。

後で自分で全部経理作業をやる場合と会計士事務所や税理士事務所にお願いする場合とをみていきますが、それよりさらに大前提として知っておいて欲しいこと、やっておいた方がいいことを解説していきます。

1、法人口座を作る

株式会社設立後まず、やって頂きたいのが法人口座の開設です。金融機関はどこでもいいのですが、基本的に会社を作った場所の近くにある支店で作ることになります。今は審査が厳しくなったとは言いますが、事前にしっかりと連絡を取り合いながら、追加で必要なものを揃えたりして進めれば問題なく開設できると思います。

2、売上の管理

次に売上の管理です。これは基本的に現金で受け取るのか、銀行口座に振り込まれるのか大きく分けるとこの二つになると思います。たとえば請求書を発行して、お金を受け取って(振り込まれて)、領収書を発行する。そうすることによって、お金の流れをしっかりと見ることができますよね。事業や商習慣によっては請求書を発行しなかったり、領収書は発行しなかったりはあると思いますが、受け取った現金の記録はしっかりと管理しなければなりません。

3、経費の管理

次に出て行くお金の管理ですけれど、実際に現金を支払った場合は領収書やレシートを保存しておいて下さい。また、一つ10万円以上する物品を買った時にはその明細もしっかりと残すようにしてください。買ったものの詳細が分かる書類(情報)のことですね。あとは家賃とか定期的に銀行口座から引き落とされるものなどもあれば、通帳に残る金額が証拠となりますが、最初に取り交わす契約書などはしっかりとその数字の根拠となるものですから、残しておきましょう。また、最近だと会社で使うお金をクレジットカードで支払う場合もありますよね。その時は、クレジットカードの明細もしっかりと手元に残しておくようにしましょう。

自分で経理作業をやる場合

基本的に、株式会社設立後の経理の作業は、売上の証拠となる情報を残して管理をし、経費となる領収書やレシートなどの情報を残して管理をし、それらを簿記の知識(複式簿記)を使って会計ソフトに入力していく作業になります。

それらを毎月、毎月しっかりと行いまして、一年に一回の決算の申告をすることになります。会社の場合、個人業主と違って、より細く情報の管理をしなければいけなかったり、申告も複雑になるので、ほとんどが外部の業者に委託したりするのですが、中にはシンプルなビジネスモデルでお金の動きもシンプルだということで自分で経理をしたり、決算申告までしてしまい人もいたりします。

税理士に経理作業をお願いする場合

株式会社設立をした人たちのほとんどが、税理士事務所や会計士事務所にこの経理の作業をお願いすることになると思います。ちなみに、ここでいう税理士事務所や会計士事務所は名前は違いますけど、やっていることはほとんど同じだとお考えください。

税理士に経理をお願いした時の流れのほとんどが、上に書いたような売上のわかる情報と、経費のわかる情報をそろえて、一ヶ月ごとに税理士に渡して、それを受け取った税理士が会計ソフトに入力をしてくれます。時々、会社の社長やスタッフに会計ソフトの入力をさせて、それの間違いがないかどうかをチェックするサービスもあったりしますね。基本的に全部丸投げの方がラクなのは間違いないです。

毎月の顧問料がかかったり、決算の申告料やその他作業をお願いすると色々とお金がかかりますが、全部自分でやらなくていいですし、その空いた分の時間を事業の売上が上がるための時間に使えると思えば費用対効果としては良いですよね。

◆年間を通じた税務署への必ずやらなければいけないイベント

株式会社設立後には、日々の経理作業と共に、税務署に対して行わなければならないイベントがたくさんあります。税理士に経理をお願いしていれば基本的にしっかりと全部行ってくれるはずですが、いつにどんな事をやらなければいけないとかは自分でもしっかりと抑えておきましょう。

半期源泉税の納付

半期源泉税の納付というのが、7月と1月にあります。これは従業員や自分にお給料(役員報酬も含む)を払っていれば、おそらく発生する業務となります。どんなものかというと、毎月お給料を支払う時に、支払うお給料から所得税を差し引いた金額を、お給料として支払いますよね。会社はその差し引いた所得税は基本的に毎月国に納めないといけないのですが、人数の少ない会社で届出を出しておけば、毎月納めるのではなくて、半年分を一度にまとめて納めていいですよ、という特別ルールが適用されるのです。それが半期源泉税お納付と言います。

年末調整

これも所得税に関係があるのですが、毎月のお給料から所得税を差し引くというお話をさせてもらいましたが、この差し引いている所得税は個人個人の生命保険など所得税を計算する時にマイナスに出来たりするものまで計算に入れていないのです。それを年末に計算しなおして、還付(戻せる)できるものはお金を返します。もちろん、個別具体的に計算をしなおして、たりなければ徴集したりします。

法定調書

これは税務署が会社に対して必ず提出するようにと義務付けている法定調書というものです。ざっくり説明してしまうと、会社の取引先にどんなところがあったり、従業員にどんな人がいて、どれぐらいお給料を払っているとか、会社の資産はどれぐらいあるのかなどを書類に書いて添付資料をつけて提出するものになります。これは1月中に提出します。

償却資産税の申告

最後に償却資産税の申告ですが、これも一月末までにやらなければいけない作業です。10万円以上の物品を購入すると一旦、会社の資産と見なされます。もによって、数年に分けて経費にしていくことを減価償却というのですが、ここで会社の資産が150万円を超えている時にはそれに税金がかかります。それを償却資産税というのですが、この手続きが毎月必要なのですね。

決算の申告

決算の申告は会社の一年間の業績から納める税金を確定して、税金を納めることです。いつまでに決算の申告をしなければいけないかというと、決算月から2ヶ月以内です。ですので、10月決算の会社であれば12月末まで。11月決算の会社であれば1月末までに決算の申告をしなければいけないというわけですね。

◆株式会社設立後に行う経理の流れとポイント、のまとめ

株式会社設立後の経理の流れとしては、法人口座を作り、売上と経費の情報を残す。
・売上と経費の情報を会計ソフトに複式簿記の知識を使って入力していく。
・それらの作業を毎月していき、年に一回の決算の申告を行う。

こちらの記事もご覧ください。
建設業にて株式会社設立をする際のポイント