手帳術を極めれば目標達成をかるがる実現可能!おすすめ手帳3選!

手帳を制するものは目標達成を制する。と言っても過言ではないぐらい目標達成を極めるのであれば手帳術を極めないといけません。

手帳術を極めると目標達成だけでなく実は日々のストレスも減るんです。嫌なストレスから解放されて穏やかでハツラツとした毎日を過ごしながら、かるがる目標達成を実現してしまうおすすめ手帳術を紹介します!

◆目標達成のためのおすすめ手帳活用術

おすすめ手帳を紹介する前に目標達成を加速させるためのおすすめ手帳活用の術を紹介させていただきますね。

(1)自分の夢・目標の棚卸しをする

・自分の夢・目標を棚卸しする

最初はとりあえず100個を目安に立ててみましょう。夢・目標と言っても壮大なものでなくて大丈夫です。まずは100個出なくても絞り出してみましょう。参考になるのがロバート・ハリスの「人生の100リスト」という本です。男性向けかもしれませんが青春の息吹を呼び戻してくれるパワーのある本です。

(2)自分のスケジュール・タスクを棚卸しする

目が回るほど忙しい!業務量が多すぎるストレスでやってらんない!そんな人にオススメなのが今抱えているやるべき(と思い込んでいる)ことを全部書き出すことです。するとどうでしょう、全部吐き出すことによってみるみる心が晴れやかになるんです。

・現時点で考えらるだけのスケジュール・タスクを全部出す

自分のスケジュールやタスクを全部書き出します。今日やること、来週やること、いつかやりたいこと全部です。「○○さんに契約書提出する」「ブログで月100万円稼ぐ」「南の島で暮らす」などなど、夢・目標の時に書き出したものと被って大丈夫です。

・やることやタスクを全部書き出すと心が軽くなる

私たちって「なんとなくやること多くて大変だ」「仕事のプレッシャーが大きすぎて不安だ」ってしちゃうことが多いんですが書き出してみると「やるべきことが見える・有限であるってわかる」事でそれだけで軽やかになります。そうなんで、なんか多いとか、大変そうというのは心の思い込みなんですよ。

・出てきたタスクを実施時期によって仕分けする

次に書き出したタスクを「実施する時期が明確なタスク」「時期は明確じゃないけどいつかやるタスク」「今はやらないタスク」の三つに分けます。そして今はやらないタスクは一度忘れてしまいましょう。そして1年に一回だけ見直すタイミングで思い出して時期を決めてタスクに入れるか、いつかやるタスクに振り分けるようにしていきましょう。

(3)手帳に15分単位でスケジュールを登録

自分の中のものを全部吐き出すことができたら、それい時期を設定します。おすすめは24時間で記入できるものが理想的です。

00:00
| 睡眠
06:00
| 朝の準備
06:30
| 移動
08:00
| メール確認・返信
08:30
| 1日の行動計画・準備
09:00
| ミーティング
10:00
|      お客様の対応
11:00
| 書類作成
11:15
| ミーティング
12:00

このように凄く細かく手帳に情報を埋めていきます。普通はメインの予定しか記入しないですが、睡眠の時間から朝の準備の時間、仕事でも細かいタスクまで時間に落とし込んで入力していきます。これまでに棚卸ししたタスクの中で時期が決まっているものは全て手帳の中に記入してください。

そのため、おすすめ手帳は24時間記入できたりかなり細かくスケジュールを入力できるものが理想的です。

◆目標達成を加速させるおすすめ手帳

それでは本題の目標設定を加速させるおすすめ手帳を紹介していきます!

(1)7つの習慣のフランクリン・プランナー

「7つの習慣」という自己啓発書はご存知でしょうか。世界中でベストセラーとなっている超有名な本です。私も大学時代に先輩に進められて凄く影響を受け、社会人になって初めて使った手帳が7つの習慣を手帳に落とし込んだこの人生を変える手帳でした。

・フランクリン・プランナーは多くのビジネスマンに支持される手帳

フランクリン・プランナーの手帳は1日ごとに細かくスケジュールを記入できるので理想的です。隣にタスクを書く表があるので、取り急ぎ時間が決まっていないタスクはここに書いておき、時間に落とし込んだら隣の時間に落とし込んでいけるので使い勝手は抜群です。これはデイリーという種類のかたちですが右ページにメモを書くことができるので1日の振り返りや目標達成日記みたいなものを書いていいですね。

・一週間コンパスが抜群に良い!

フランクリン・プランナーの手帳でおすすめなのが「一週間コンパス」です。しおりの様に使うのですが毎週この一週間コンパスは書き直します。刃を研ぐという項目では習慣にするようなことを仕事だけでなく生活や社会貢献という観点から整理できますし、一週間の在り方を役割別に整理することができます。

(2)原田隆史さんのSTAR PLANNER

次は原田隆史さんという弱小中学の陸上部を全国大会優勝の常連校に育てあげ、今はビジネスマンを中心にコンサルティングをされている方が作ったおすすめ手帳のSTAR PLANNERです。原田メソッドと呼ばれる目標達成手法をふんだんに盛り込んだ手帳で、あらゆる目標達成ノウハウを試したけどイマイチうまくいかないなんて人におすすめです。

・書き込むだけで行動を変えてくれる恐ろしい手帳

この手帳がおすすめなのが目標達成のための原田メソッドが余すところなく盛り込まれているところです。具体的にはメジャーで活躍中の大谷選手も実践しているオープンウィンドウ64という目標設定。目標達成のモチベーションを高める事ができる目標・目的設定用紙。毎日書き込むことで自信を高めることができるジャーナル。成功習慣を身につけることができるルーティンチェック表がついていることです。

▼大谷選手が書いたオープンウィンドウ64の目標設定用紙

・今なら原田隆史さんの書籍が無料で手に入る

目標達成の方法論として私が強くおすすめしている原田隆史さんですがこちらのページから今なら無料で書籍を手に入れることができます。原田さんの講演会の内容を本にしたものですが、原田メソッドを感じる入り口の本としてはおすすめの内容となっています。

(3)糸井重里さんのほぼ日手帳

糸井重里さんの作成したほぼ日手帳もおすすめです。コンセプトにある通り手帳としての使い勝手というか自由さが目標達成に利用するあたりおすすめするポイントです。大きさも自由ながらスケジュール管理方法やタスク管理などもフランクリン・プランナーやSTAR PLANNERの良いところを盛り込むことも可能です。

◆手帳術を極めれば目標達成をかるがる実現可能!おすすめ手帳3選!まとめ

いかがでしょうか。手帳は安い買い物ではないですし買ってしまったらどうせなら1年間使い続けたいですから慎重に決めたいですよね。私はこれまでに今回ご紹介した手帳はすべて使った経験があります。

結果的いは目標達成を加速してくれる手帳としてはどれも申し分ありません。あとは価格や自分の好みの方向性によってくると思いますけど、今は原田隆史さんのメソッドが目標達成を加速してくれるパワーがあるようにも感じています。

▼目標達成おすすめアプリ
そんな事を良いながら今私が使ってる手帳はこの記事で紹介しているGoogleカレンダーのアプリです。