脱サラに失敗した人の末路!これから起業する人は知っておくべき安全な脱サラ方法

最近では会社にお勤めのサラリーマンでも自分で起業をしやすくなってきました。会社の中には副業を後押しするような企業も出てきて、今後サラリーマンが脱サラして起業・・・なんて声も多く聞けるのではないでしょうか。

そこで気になるのが脱サラして独立というのはそんな簡単なものなの?という疑問です。脱サラして失敗した人の末路はどうなるのでしょうか。これから夢と希望を持って独立する人を後押しするという意味でも、ネガティブな情報も理解して対策や気持ちの準備が出来るのではないかと考えて調べてみました。

◆脱サラについて情報を整理しましょう

脱サラとは、そのままの意味ではサラリーマンを脱すること。つまりサラリーマンをやめる事を言いますよね。ここで使うサラリーマンはあくまでも一例ですから脱サラという言葉が使われる時には会社に所属して働いている人、つまり勤め人をやめる事を指していると考えて良いでしょう。

ごはんつぶ
昔は日本も終身雇用で、ずーっと組織で働く事が一番安定していたから、サラリーマンを辞めるなんて考えられない事だったんだよね。

そうですね。会社に入って結婚して、子供が生まれて家を買って、老後は年金暮らしというのが昔の日本での一つの人生のモデルケースでした。そのため、脱サラという言葉はある意味でネガティブな言葉として使われていたそうです。

ごはんつぶ
今では政府も副業を後押ししたり、起業する人を増やそうって動きがあるぐらいだから、脱サラなんて特別なことでも何でもないよね。

これからも脱サラをして起業していく人はきっと増えていくと思います。そんな中で志を持って脱サラして起業しようなんて人が失敗して悲惨な末路をたどらないように、出来る限り情報を集めてみたのでご覧下さい。

◆脱サラして失敗した人たちの末路はどうなっているのでしょう

重要なのは脱サラをして失敗した人たちはどんな末路を辿っているのかという点です。将来なネガティブな選択肢を把握しておけば、それぞれのリスクに対して対策が立てられるはずです。

再就職

サラリーマンから脱サラした人が改めて勤め人に戻る事ですね。理由は何であれ起業というかたちで脱サラしたものの、起業家よりもサラリーマンの方が合っている事に気づく人も大多数いると思います。希望の職にうまく転職できるかどうかという問題はありますが、脱サラして失敗した人の末路の一つとしては再就職が挙げられます。

借金の返済

これは脱サラに失敗した人の全てがたどる末路というわけではありませんが、事業を借金をして行っていた場合には、その借金を返済し続ける場合が出てきます。

ごはんつぶ
えー!会社を経営している場合であれば、会社の借金は個人に影響が無いんじゃないの?そんなだと誰もリスク取りたくなくなっちゃうよね。

基本的に会社でした借金は資本金の枠内でしか責任を取らなくて良い事になっています。ただし、銀行などから借金をする時に社長が会社の連帯保証人になっている場合もあるんですね。その時は会社で返せなくなれば、社長個人で返さなくてはいけません。あとは、会社でなく個人事業主であれば、借金は個人に紐づくので事業をやめたとしても借金は返し続けなくてはいけいんですね。最近では、そのようなお金の貸し方はやらないようにと言われていますけど、全くなくなったわけではないので、借金が残る末路がゼロなわけではないですね。

家族への影響

結婚している人、子供がいる人は脱サラが家族に与える影響はめちゃくちゃ多いです。やはり家族は安定しているサラリーマンでいる事を望みますからね。脱サラを応援してくれる家族なんて稀ではないでしょうか。

それで成功すれば文句は言われないのですが、脱サラに失敗して家族に金銭的にも精神的にも負担をかけるようであれば、最後には離婚なんていう末路も珍しく無いです。脱サラするまでに家族とはどんな関係性を築いておくのかは意外と大事かもしれません。

改めて起業する

これは脱サラした人のメンタリティにもよりますが、起業を再チャレンジするというのも脱サラに失敗した後の末路の一つと言えるでしょう。ほとんどが失敗したらもうこりごりという感じかもしれませんが、失敗してもそれを糧にして次の起業に挑戦するという方もいます。

◆脱サラを失敗して悲惨な末路を辿らないために出来る事

最後に脱サラをしたとしても、失敗して悲惨な末路を辿らないようにどんな事が出来るのかを考えていきたいと思います。

脱サラ前に成功するための証拠をたくさん残しておく

闇雲に脱サラをして起業する人はほとんど成功しないと言えるでしょう。脱サラをして上手くいくにはちゃんと準備をしておく事が大事です。当たり前ですが、どんな事をするのか、そのためには何が必要なのか、見込み顧客はどう集めるのか、などマーケティングの観点から脱サラする前に準備出来ることを全てして、脱サラ後にはスタートダッシュで動けるようにしておく事は重要でしょう。

一番大切なのは、成功するあめの証拠をたくさん残しておくという事です。つまり脱サラして起業したら、協力してくれる人や、自分の商品やサービスを買ってくれる見込み客を出来るだけ多く抱えておくという事です。

ごはんつぶ
それだと、なるべくサラリーマンをしている内に起業の準備をして、ちょっと大変だけどある程度見込みが立ってから脱サラするのも失敗しない方法としてはありだよね。

脱サラで失敗してもダメージが最小限になるようにしておく

脱サラして失敗しても借金や家庭への影響などダメージが最小限なるような仕組みを整えておく事も悲惨な末路を避けるための方法と言えます。具体的にどうな方法があるのか見ていきましょう。ちなみに起業の失敗率についてまとめた記事があるので合わせてご覧下さい。

起業の失敗率90%以上!?起業家の失敗率を調べてみました!

2017.12.03

・在庫を持た無い商売を考える

在庫を持つ商売は、売れない場合は在庫だけが残るという悲惨な状況になりかねません。在庫をも続ければ定価で売れ無いリスクももちろんあります。一番良いのは在庫を持た無いビジネスモデルで勝負をする事。どうしても在庫を持た無いといけない場合は受注生産にするとか、アウトソースするとか、少量から始めるなど在庫を持つリスクを最小限になるようにアイデアを絞り出してみて下さい。

・初期投資が少ない、維持費が少ない

例えば店舗型のビジネスだと物件を借りたり、内装を工事したり、設備を整えたりと事業をスタートするまでの初期投資に大きなお金が必要となります。他にも家賃やら何かのメンテナンス費やら維持費が大きければ売上が発生しなくても経営を圧迫する要因になりかねません。一番良い方法は、こうした初期投資を最小限に抑えるにはどうすれば良いのか、維持費が最小限になるアイデアは無いか最初のうちに徹底的に考えておく事です。初期投資や維持費が発生するのが決まっているのであればジョイントベンチャーを考えるなど、打ち手は無限にあるはずです。

・借金をしないビジネスを考える

脱サラをする場合でも長い準備をして自己資金をしっかりと貯めている方であれば借金をして事業をスタートするなんて事は少ないかもしれません。それでも、起業にお金のかかるビジネスの場合は創業時に融資を受けてスタートするなどの必要が出てくるかもしれません。脱サラに失敗した時のリスクを最小限に抑えるには、やはり借金をしなくて済むような資金計画やアイデアを絞り出す事が大切だと思います。

・サラリーマン時代に独立する土壌を作っておく

脱サラして悲惨な末路をたどるような失敗をしないためにも、サラリーマン時代に独立する土壌を完成させておく事が一番だと思います。そのためには、勤めている時は就業時間以外や土日は脱サラ後の起業のための準備に全てを使うぐらいの覚悟が必要です。いわゆる副業という形で準備をしつつ、起動に乗ってきたら脱サラしてしまうという方法です。

脱サラ前に働きながら安定した収入を得るには?

最後に脱サラをして起業の準備をする時に、確実にお金を稼ぐノウハウとしては、オフィスを持たずにインターネットで100億円も売上げたエベン・ペーガン氏のノウハウは大変参考になるかと思います。すでに独立・起業されている方でも、新しい収益の軸として考えるには役立つ情報が満載です。

ポイントはその人が持っている物やサービス・情報をコンテンツとして販売していくというものです。コンテンツ内容は様々な種類があり、一つ一つに独自のノウハウがあるので、自分のビジネスに合ったものを選んで発展させていくのも一つの手でしょう。

今なら無料で本を手に入れる事がありますので、少しでも興味のある方はご一読をおすすめします。

あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法
http://directlink.jp/tracking/af/1503300/Jm0Qdu6Q/

◆最悪の末路を回避!リスクを最小限に抑える脱サラの方法、のまとめ

いかがでしたでしょうか。脱サラに失敗した末路をイメージして起業の意欲が下がってしまいましたか?

脱サラして起業する事はそんなに簡単な事ではありません。ただ、ある経営者は起業して失敗するかどうかは自分が決めていると言います。あらかじめ、自分がどこまでやったら失敗とするかを無意識でも決めているという事です。

そういった意味では成功するまでやり続けるという事が脱サラによる失敗で悲惨な末路にならないための最大の対策と言えるのかもしれません。やり続けると言っても途中でお金がなくなってどうしようもない場合はどうするの?という声も聞こえてきそうですが、そこはさらに一歩踏み込んでお金をかけずに出来る事はないから知恵を絞り出すのだと言います。

お金で対応出来る解決策を考えるのはある意味で簡単ですが、本当に必要な事はお金をかけずに工夫出来る事は何かを考え尽くす事なのかもしれませんね。起業に関する記事は以下も合わせてご覧下さい。

起業に失敗したらどうなる?その後の人生の対策を徹底検証

2017.12.02

何歳でも安心!起業に失敗した人が再就職をする方法

2017.11.28

徹底調査!果たして起業に失敗することは借金を背負う事になるのか?

2017.11.28